カメラ

【TAOTRONICS TT-CL021レビュー】ブツ撮りや自撮り撮影に最適な小型なのに超明るいLEDライト

【TAOTRONICS TT-CL021レビュー】ブツ撮りや自撮り撮影に最適な小型なのに超明るいLEDライト

このブログでよく撮影している商品のブツ撮り写真やユーチューバーなどの自撮り撮影など、被写体を綺麗にそして鮮やかに写すには光がとても重要。

寒色系の白い光ではキリっとクールな印象に、反対に暖色系の暖かい光では被写体を優しく柔らかい雰囲気にしてくれます。

撮影をする「モノ」によって魅せたい雰囲気も変わってくるので、その都度撮影する時間や場所、ライトなどの機材を代えるのも大変ですよね。

そんな時にとても便利なのが、TAOTRONICSというメーカーのLEDビデオライト「TT-CL021」なんです。

このTAOTRONICSの「TT-CL021」はスマホと同等のコンパクトサイズなのにも関わらず、そのボディに112個ものLEDライトを搭載し、光量の調整や3000ケルビンから6500ケルビンまでの暖色から寒色まで色温度も変更することができます。

1台で幅広い商品の撮影が可能な便利なLEDライト。今回はこのTAOTRONICSの「TT-CL021」をレビューしていきたいと思います。

きっとあなたの撮影の幅をグッと広げてくれます。

TAOTRONICS「TT-CL021」の外観や付属品

TAOTRONICS「TT-CL021」の箱

まずは、TAOTRONICS「TT-CL021」の外観の見た目や付属品、サイズ感などを紹介していきます。

TAOTRONICS「TT-CL021」の外観や付属品

付属品

  • TT-CL021本体
  • ディフューザー
  • 収納ケース
  • USB充電ケーブル(80㎝)
  • ホットシュー
  • 説明書

TAOTRONICS「TT-CL021」の外観

TAOTRONICS「TT-CL021」のはアルミ合金

価格は6,000円程の安さで購入できのにも関わらず、外観はとてもシンプルで裏はアルミ合金で安っぽさが感じられないのが嬉しいですね。大きさはiPhone8よりも少し大きいぐらい。

TAOTRONICS「TT-CL021」の厚さ

側面はTPU素材なので多少の衝撃には耐えられそうな印象。厚さはiPhoneとほぼ同じ厚さで非常に薄いです。

TAOTRONICS「TT-CL021」は222g

重量は222g。サイズ、重量ともにコンパクトで非常に扱いやすいサイズ感となっています。

TAOTRONICS「TT-CL021」には各ボタンのシール付き

ライトにはボタンの操作マニュアルが記載されているシールが貼ってあるので、初めからサッと操作は簡単にできると思います。

TAOTRONICS「TT-CL021」の説明書

しっかり説明書を読みたいという方もきちんと日本語対応になっているので安心してください。

TAOTRONICS「TT-CL021」にはデフューザー付き

嬉しいのがこのディフューザー。

TAOTRONICS「TT-CL021」にはデフューザーはマグネット式

TAOTRONICS「TT-CL021」にはデフューザーはマグネット式

マグネット式なので柔らかい光にしたいなーというときは、ライト本体に簡単に取り付けることができる仕様になっています。

TAOTRONICS「TT-CL021」の収納ケース

収納ケースもしっかりとした造りなので、ちょっとやそっとじゃ破けたりする心配もありません。そしてきちんとディフューザーを付けた状態でも収納することが可能です。

 

TAOTRONICS「TT-CL021」の特徴

TAOTRONICS「TT-CL021」の特徴

サイズ15.5×8.6×1.7㎝
重量222g
LED112ピース
色温度3000k-6500k
消費電力8.5W
演色性Ra>95
入力DC5V 1A
ルーメン≥850lm
作動時間90分間

TAOTRONICS「TT-CL021」の特徴として、コンパクトサイズにも関わらず112個ものLEDをし、1番明るい照明で90分間もの連続で使用することができるんです。

この小さなボディで様々な特徴がありますので、1つずつ詳しく解説していきます。

光量を調整できる

TAOTRONICS「TT-CL021」の6500ケルビン

ライトの光量について。

TAOTRONICS「TT-CL021」は3段階の光量調整ができる仕様になっています。

20%、50%、100%とLEDの明るさを簡単に変更できます。

100%の明るさはまぶしすぎて直視するのが難しいレベルで明るいです。

撮影時の商品や、部屋の明るさによって光の加減を調整することができるのがポイントですね。

 

色温度も調整できる

TAOTRONICS「TT-CL021」の3000ケルビン

そして色温度も調整可能。

こちらも3段階で調整ができ、3000k、5000k、6500kと好きに変更できます。

3000kがオレンジ調の暖色系、上に行けば行くほど白い色の寒色系になっていきます。

暖色系は被写体が優しく温かい雰囲気に、寒色系はビビットでクールな雰囲気に写るので、これも撮るモノによって雰囲気を変えていくことができますね。

 

カメラや三脚に取り付けできる

TAOTRONICS「TT-CL021」はホットシューが装着できる

TAOTRONICS「TT-CL021」には三脚穴が空いており、付属のホットシューを取りつけたり、三脚に取り付けたりすることもできます。

ホットシューは単体で立たせることも可能。

TAOTRONICS「TT-CL021」にホットシューを取り付け

三脚は別の記事でもご紹介したマンフロットのミニ三脚「Pixi」などに装着して使用するのもおすすめです。

TAOTRONICS「TT-CL021」にミニ三脚Pixiを取り付け

この「Pixi」は重さも軽量でサイズもかなりコンパクトなので、1台持っておくとかなり重宝しますよ。

関連記事
マンフロット Pixiをレビュー|カメラもスマホにも使える便利なミニ三脚
マンフロット Pixiをレビュー|カメラもスマホにも使える便利なミニ三脚

続きを見る

 

TAOTRONICS「TT-CL021」のレビュー

TAOTRONICS「TT-CL021」をレビュー

それでは実際に、TAOTRONICS「TT-CL021」を使用してみてのレビューをしてみたいと思います。

脇にあるボタンがモード切替ボタンと明るさや色温度を調整するボタンとなっています。

TAOTRONICS「TT-CL021」の調整ボタン

モード切替ボタンを1回押すたびに明るさと色温度が交互に調整可能になります。

わかりやすくそれぞれ動画でご紹介していきますね。

まずは明るさ調整。

TAOTRONICS「TT-CL021」の明るさ調整

このようにLEDが目に見えてわかるように明るさがかなり変わります。

最大100%にするとかなり明るく暗い部屋での撮影にかなり便利ですね。

TAOTRONICS「TT-CL021」の色温度調整

色温度もボタンを押すだけで簡単に調整可能。

6500kまでいくとクールな写真になり、3000kだとエモい写真が撮れます。

TAOTRONICS「TT-CL021」のはmicroUSBで充電できる

TAOTRONICS「TT-CL021」のはmicroUSBで充電できる

充電はmicroUSBで充電可能で、残りの電力は4段階のLEDライトで確認することができます。

充電しながらの仕様も可能なのでそういったったとこえろも便利で使いやすいですよね。

 

実際に撮影してみた

TAOTRONICS「TT-CL021」をカメラに装着

実際にTAOTRONICS「TT-CL021」をカメラに装着して使用してみました。

光量や色温度の違いをそれぞれ撮影してみましたのでご紹介していきます。

まずこちらがライトなしのベース写真。

ライトなしのベース写真

部屋の照明は全て消し、自然光のみでの撮影。もちろん加工もなし。

まずは6500kでデフューザーなしの状態

デフューザーなしの光量20%

デフューザーなしの6500k光量20%

デフューザーなしの6500k光量100%

デフューザーなしの6500k光量100%

左の写真が光量20%で右が100%。かなり明るさが違いますね。

次は光量同じ条件でデフューザーを付けて撮影してみます。

デフューザーありの6500k光量20%

デフューザーありの6500k光量20%

デフューザーありの6500k光量100%

デフューザーありの6500k光量100%

どうでしょうか。

デフューザーを付けたことにより、優しい明るさとなりレンズの影が薄くなりましたね。

お次はデフューザーなしの3000k

デフューザーなしの3500k光量20%

デフューザーなしの3500k光量20%

デフューザーなしの3500k光量100%

デフューザーなしの3500k光量100%

3500kになると印象がガラッと変わりますね。

同じようにデフューザーを付けてみます。

デフューザーありの3500k光量20%

デフューザーありの3500k光量20%

デフューザーありの3500k光量100%

デフューザーありの3500k光量100%

こちらもデフューザーを付けることによりオレンジっぽさが薄まり、柔らかい雰囲気になりましたね。

このように色温度やデフューザーによって写る雰囲気が大きく変わってくるので撮影がめっちゃ楽しい。

自分好みの雰囲気にアレンジできるのがめちゃめちゃ良いですね。

 

TAOTRONICS「TT-CL021」で撮影の幅を広げる

TAOTRONICS「TT-CL021」で撮影の幅を広げる

TAOTRONICSのLEDライト「TT-CL021」のレビューでした。

このLEDライト1台で色温度や光の明るさを自分の好きなように調整できるので、撮影の幅が大きく広がったような気がします。

僕のようにブログで商品紹介をしてたりユーチューバーで自撮り撮影をしている方、ヤフオクやメルカリなどで綺麗に撮影した方など、被写体を美しく魅せるにうってつけのアイテムです。

TAOTRONICS「TT-CL021」で、今よりもっと美しい写真を。

マンフロット Pixiをレビュー|カメラもスマホにも使える便利なミニ三脚
マンフロット Pixiをレビュー|カメラもスマホにも使える便利なミニ三脚

続きを見る

【Sony a6400レビュー】カメラ初心者でも扱いやすいおすすめのミラーレス一眼【作例あり】
【SONY a6400レビュー】カメラ初心者でも扱いやすいおすすめのミラーレス一眼【作例あり】

続きを見る

【レビュー】SIGMA 16mmF1.4DC DNが最高なので作例と共に紹介する
【レビュー】SIGMA 16mmF1.4DC DNが最高なので作例と共に紹介する

続きを見る

【使いやすくて感動】ノースフェイスのウエストバッグ「スウィープ」のブラックをレビュー!サイズ感や収納力はどれくらい…?
【使いやすくて感動】ノースフェイスのウエストバッグ「スウィープ」のブラックをレビュー!サイズ感や収納力はどれくらい…?

続きを見る

Manfrotto Elementをレビュー|わずか1.16㎏で32㎝の超コンパクトなトラベル三脚
Manfrotto Elementをレビュー|わずか1.16㎏で32㎝の超コンパクトなトラベル三脚

続きを見る

Amazonでのお買い物がお得に!


Amazonで今よりもグッとお得に買い物をするなら、事前にAmazonギフト券への現金チャージしておくのが絶対におすすめです。
現金チャージするたびに、最大で2.5%のポイントが還元されます。

Amazonギフト券チャージ還元率
このように、チャージ金額に応じて還元率が大幅に増えていきます。
Amazonギフト券の有効期限は10年間もあるので、たくさんチャージしても使い切らないということがまずないので安心です。

しかも今なら、初回チャージで1000ポイントが貰えるキャンペーンも実施中です。
blank
還元率は驚きの20%!やるしかないね!

\詳細をチェック/

Amazonギフト券1000ポイントキャンペーン

※初回1000ポイント還元
※チャージするたびお得に


-カメラ
-

© 2020 ATOMS