家づくり

新築を建てるのに食洗機は必要か?メリット、デメリット、使ってみた感想【注文住宅】

f:id:suntecno:20180305010443j:plain

注文住宅で家を建てました。

新居に住むということで、「せっかくだから」と家具や家電も新しい物に買い替える方や、今まで使っていなかった物を導入しようとする方も多いのではないでしょうか?

我が家も同じです。

家具や家電も買い替え、そして今まで使ってなかった物も導入しました。その1つとして導入したものが「食洗機」

家の打ち合わせをしていく中で、嫁さんの強い願望でした。

皿洗いするのはほとんど俺だろ」というツッコミをグッと抑え、キッチンにビルトイン食洗機を付けることにしました。

今回は、食洗機を導入するか悩んでいる方に、食洗機のメリット、デメリット。

そして僕が実際に導入し、使ってみた感想をお伝えします。

これは、新築を検討している方以外にも、据え置きの食洗機を検討中の方にも参考になるかと思います。

食洗機を導入する前のイメージ

実際に食洗機を導入する前にイメージしていたことは、マイナスのイメージが多かったです。

・本当にキレイに汚れは落ちるのか
・水をバンバン使うのでコストがかかりそう
・洗える量が少なそう

僕の勝手なイメージですが、これらのイメージが多く、食洗機の導入はこれっぽっちも考えていませんでした。

でも結論から言うと、食洗機の導入は大正解でした!

賃貸のアパート暮らしの時からもっと早く買っておけばよかったとクソ後悔しましたよ。

導入したのはクリナップのビルトイン食洗機

僕が導入したのはクリナップのキッチン、「クリンレディ」のビルトイン食洗機

大きさは4人用タイプのものと、6人用タイプのものがありますが、僕は6人用タイプのものを導入しました。4人家族ですけどね。

でも大きいほうがフライパンや大皿も余裕で入るのでビルトイン食洗機を考えてる方は大きいタイプをおすすめします。

では、実際に食洗機を導入し使ってみて、僕が思っていたイメージはどうだったかをお伝えしたいと思います。

食洗機はキレイに汚れは落ちるのか?

f:id:suntecno:20180303180650j:plain

結論から言うとめっちゃ落ちます。超キレイ。

さすがに、鍋のこびりついた焦げなんかは残りますが、カレーなどのしつこい汚れ、コーヒーの飲みあとなんかは余裕で落ちますね。俺びっくり。

手洗いで洗うと、カレーやコーヒーの汚れを落とすのってめっちゃ大変ですよね。

食洗機はボタン一つでピカピカにしてくれるわけです。マジ優秀。

食洗機はコストがかかりそう

食洗機ってめちゃめちゃ水を使って汚れを落とすイメージがあったんですよ。

手洗いの何倍も使って汚れを落とすのはいいけど、水道代が何倍にもなっちゃう、ひぇって感じです。

でも、調べてみると実際にかかるランニングコストって、食洗機のほうが良いんですよね。マジかよ。

f:id:suntecno:20180303181332j:plain

僕が使っている食洗機は、標準モードと省エネモードがあるのですが、標準モードでさえ手洗いでかかるコストの半分以下です。

1度の手洗いでかかる水道代のコストが約55.6円

標準モードだとそれが約21.6円です。

年間にすると約24,800円もコストが抑えられます。

今まで冷たい思いをして洗っていた意味って…おぅ…

食洗機は洗える量が少なそう

コストがかからないのはわかった!でもさ、それが1回に洗える量が少なければなんの意味もないでしょ。何度も何度も洗ってどうせ最終的には食洗機のほうがコストがかかるんでしょ?そんなオチでしょ?

実際に僕が使っている食洗機でレビューします。

f:id:suntecno:20180303182020j:plain

空の状態です。これが1度でどのくらいの量が入れられるのか?

f:id:suntecno:20180303182148j:plain

こんな感じ!

f:id:suntecno:20180303182210j:plain

この時に入っていた食器類は
・コップ6つ
・箸 1膳
・スプーン 2本
・レンゲ 1つ
・子供用スプーンとフォーク
・皮むき器
・丼ぶり皿 2つ
・とり皿 2枚
・スープのカップ 2つ
・子供用とり皿 2つ
・深めの鍋 1つ
・包丁
・お玉

これだけの量が余裕で入ります。24点。

適当に入れてますが、もっときっちり入れればまだ全然入ります。

これだけの量がボタン1つでキレイになるんですよ、ヤバくないですか?

フライパンだって余裕で入りますからね!

食洗機を使っていて感じたデメリット

僕の抱いていたマイナスのイメージはどれも僕の勝手な思い込みでした。すいません、この通り。

なので食洗機は本当におすすめします。でも、メリットばかりお伝えしてもどうかと思うので、使っていて感じたデメリットもしっかりお伝えしますよ!

洗う時間が長い

食洗機を使って1番に感じるデメリットは洗い始めから乾燥までの時間が長いということですね。

僕が使っている食洗機では、運転のコースがいくつかあるんですが、

標準コースで洗い始めから乾燥が完了するまでに約97分

しつこい汚れを落とすのに最適な強力コースで約180分

汚れがほとんどない時に使うスピーディコースで約28分

んーーー!長い!例えば夕食を食べ終え、その食器類を食洗機に入れ、寝ている間に完了している!みたいな感じなら全く問題はないのですが、僕の場合、マグカップを溜め込んでいて一気に洗い、「コーヒーでも飲むか。あ、やべ、食洗機に…」ってことがたまにあります。

終わるのを待つかって言ってもあと90分後です。とかそんな待てねえよ!って話です。

まあ、溜め込む僕が悪いんですけどね。

でも食洗機が動いている時に途中で開けることもできるんです。

自動で一時停止になるので、途中で開けて使う分だけ取り出すってのも出来るのでそこまで気にすることはないかもしれませんね。

洗えないものがある

食洗機に入る大きさの物であれば何でも洗えるってわけではないんですよね!

洗えないものもあります。

・強化ガラスの物

強化ガラスの物を入れてしまうと粉々に砕け散る可能性がある

・軽い物

発泡スチロールやプラスチックのふたやスプーンなど、軽い物は水圧で飛ばされてしまいうまく洗えない可能性がある

・変色しやすい物

銀製食器、アルミ製や銅製品、木(竹・とう)製食器など

・びん、徳利などの食器

口が小さいので中まで洗えない可能性がある

・鉄製のフライパン

さびる可能性がある

などは食洗機で洗うことはおすすめされていないので手洗いで洗うほうが確実です。

据え置き型だと場所をとる

ビルトイン型の食洗機だと関係ありませんが、据え置き型の食洗機だと結構大きいので置き場所の確保が必要となります。

「我が家にそんな置き場所ないぞ」というご家庭にはプチ食洗というコンパクトサイズの食洗機がおすすめです。

据え置き型の場合だと、ご家庭の蛇口にあった分岐水栓も必要になるのでご家庭に合ったものを用意してください。

下記のサイトで簡単に調べることができますので参考にしてください。

まとめ:食洗機は買ったほうが良い!!

デメリットこそあるものの、使っていてそんなに重要視するほどのことでもないかなと思います!

それよりも使って感じるメリットのほうが遥かに多いです。

先ほどお伝えした

・しつこい汚れもキレイに落ちる
・ランニングコストも抑えられる
・洗える量もたくさん入る

これらももちろんですが、それよりも感じることは食器洗いを自動化にすることにより、その空いた時間で趣味にあてたり、子供と遊ぶ時間に使ったり、時間を有効に活用できます。

他にも、僕の嫁さんは肌が荒れやすく、手洗いで洗っていた時は洗剤で手がよく荒れていたんですよね。

それがかわいそうで僕がいるときはなるべく僕が洗うようにしていたのですが、1日中僕が家にいるわけではありませんから。

それを食洗機を導入することにより、手洗いで洗うことをグッと抑えられるので、今では手の荒れもかなり良くなってとても喜んでいます。

食洗機を導入することにより、やりたくもないことに時間を割かれることもなくなり、余計なストレスもありませんし、嫁さんも辛い思いをすることがなくなり本当に良いことばかりです!

なのでいま、食洗機を買うか悩んでいる人にはぜひおすすめしたいです。

もちろん家を建てる人だけではなく、普通に今住まれているお家に据え置き型の食洗機でもとても良いと思います。引っ越しても使えますしね!

普段家事を頑張ってくれている、奥さんや恋人や親御さんにプレゼントしてもとても喜ばれると思いますよ!

食洗機を買うか悩んで居る方に少しでも参考になれば嬉しいですっ!

以上、「新築を建てるのに食洗機は必要か?メリット、デメリット、使ってみた感想【注文住宅】」でした。