スマートマットライトレビュー|Amazonでの買い物を自動化してくれる便利なスマートガジェット

スマートマットライトレビュー|Amazonでの買い物を自動化してくれる便利なスマートガジェット

Amazonでは飲み物や子供のオムツなど、一定の周期で購入しているモノに関しては「定期便」で購入ができます。

2週間から半年の好きなタイミングで一定の製品を自動で発注してくれるサービスで、1度設定してしまえばあとは買い物を定期的に自動でしてくれるので便利なのですが、不便な点もあります。

blank

あ…まだ在庫たくさんあるのに送られてきた…

基本的に定期便は消耗品を設定するのですが、その時期によって在庫の減り具合が変わってきますよね。

いつもの周期よりも早く在庫がなくなってしまうと定期便を待つ前に自分で結局買うハメになるし、在庫が余っているとどんどん家に商品が溜まっていってしまいます。

そこで便利なのが、実際に消耗品が減ってから自動で発注してくれるアイテム「スマートマットライト」です。

スマートマットライトは1枚のマットになっており、日用品やオフィス用品などを乗せておくと重さで残りの在庫数を検知してくれます。

設定した在庫数よりも減った場合は自動で注文してくれるので、ドンピシャのタイミングで買い物をすることができます。

Amazon定期便で感じていた不便さを解消してくれる「スマートマットライト」をレビューしていきます。

メーカーより商品を提供いただき作成しています。

目次

スマートマットライトの外観デザイン

スマートマットライトの外箱

スマートマットライトの特徴や外観デザイン。

blank

スマートマットライトは1枚のマットになっており、ガラスの天板が施されたまるで体重計のようなデザイン。

動作は電池式となっていて、単3電池4本で約1年間動作します。

スマートマットライトは単三電池で動作

サイズは3展開

僕が使用しているのはA3のサイズですが、それ以外にも2展開のサイズが販売されています。

サイズA3A4A5
外形寸法(奥行×幅×厚さ)40×30×3センチ30×20×3センチ20×15×3.2センチ
重量2.4kg1.3kg0.7kg
計測分解能100g単位10g単位1g単位
最小〜最大重量100g〜100kg10g〜30kg1g〜5kg
計測タイミング1日4回(3.9.15.21時)1日4回(3.9.15.21時)1日4回(3.9.15.21時)
通信方式Wi-Fi 2.4GhzWi-Fi 2.4GhzWi-Fi 2.4Ghz
サイズ別スペック

単純にサイズが違うだけで使用用途は同じなので、マット上に置いていく物に合わせて選んでみてください。

スマートマットライトの使い方や特徴

スマートマットライトを実際に使っていきます。

まずは初期設定から。

STEP
専用サイトでアカウント登録

スマートマットライトの初期設定には専用サイトのアカウントを作ります。

スマートマットライトのアカウント設定
スマートマットライトの設定
STEP
スマートマットライトのセットアップ

スマートマットライトを初期化していきます。

マットに搭載されているボタンを押して、ランプが3回点滅し、緑に光ったら初期化成功です。

スマートマットライトのセットアップ
スマートマットライトのセットアップ
スマートマットライトの初期化
緑に光ったら成功
STEP
スマートマットライトとスマホを接続

スマートマットライト本体に記載されているシリアルIDを入力し、スマートマットライトのボタンを7秒以上長押しします。

ランプが点滅するとWi-Fi設定に「smartmat_001569」が出てくるので、Wi-Fiルーターとマットを3メートル以内に配置して接続し、設定完了です。

スマートマットライトのシリアル番号
スマートマットライトとスマホを接続
blank

商品の発注方法

スマートマットライトで商品を注文するには、注文する商品と注文タイミングを登録しておく必要があります。

STEP
スマートマットライトに登録する商品を選択

自動で注文をかけたい商品を選択します。

対象商品は食料品をはじめ、オフィス用品やキッチンやペット商品など1000商品以上を登録することができます。(随時拡大中)

→対象商品ラインナップを見る

スマートマットライトはAmazon Dash Replenishmentと連携している製品のため、Amazonからの注文となります

スマートマットライトに商品登録
blank
STEP
商品を登録

商品を選択し、Amazonにログインすると登録が完了です。

スマートマットライトに商品を登録
スマートマットライトに商品を登録
STEP
発注タイミングを設定

商品の登録が完了したら、発注のタイミングを設定します。

マットの詳細情報から「発注タイミング」を選択し、商品の在庫が何%以下になったら発注するかを選択します。

スマートマットライトの発注タイミング
スマートマットライトの発注変更タイミング

これで登録は完了です。あとはスマートマットライトが商品の在庫を重さで計測し、商品が減れば自動で注文されます。

スマートマットライトが重さで計測する

3時、9時、15時、21時の1日4回計測しています。

スマートマットライトで注文してみた

スマートマットライトにお茶を登録してみました。9本入りのお茶で40%以下になったら発注する設定です。

1度登録してしまえばあとは普通に商品を消費していくだけ。

残りの在庫数が34%になった次の日の朝に注文のメールが届いてました。

スマートマットライトの専用サイト
残り34%に
スマートマットライトの注文メール
朝4時半に注文メールが

残りの在庫数を測定するのは1日4回ですが、注文自体は次の日の4時半になるようですね。

本当に1度設定をして以降、なにも操作せずに消費していくだけで自動的に注文が入りました。

blank

いちいち在庫数を気にすることなく自動で計測・注文までしてくれるなんて快適すぎる!

スマートマットライトのレビューまとめ

blank

スマートマットライトは自分の理想のタイミングでお買い物をしてくれる便利なIotデバイスです。

これでどんどん家に消耗品が溜まっていくこともないですし、買い物忘れもなくなります。

登録する商品や置いておく場所に合わせてスマートマットライトのサイズを変更できるのも使いやすい。

それでいて本体がなんと2,000円以下で購入できるのだからマジですごいですよね。

いつも定期的に購入するものがある方にはめちゃめちゃおすすめのアイテムですよ。

blank

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる