楽天モバイルの速度が遅いって本当?通信速度検証や3大キャリアとも徹底比較

楽天モバイルの速度が遅いって本当?通信速度検証や3大キャリアとも徹底比較

月額使用料が驚きの0円プランや3ヶ月基本使用料無料キャンペーンなど、さまざまな特典で今や携帯キャリアで大人気の楽天モバイルですが、通信速度はどうなのでしょうか。

お得なキャンペーンがたくさんあり安くても、実際に使うと速度が遅く不便を感じる回線では困りますよね。

この記事では、「実際に楽天モバイルを使用した通信速度の検証」と「大手3大キャリアの通信速度も比較」し、楽天モバイルは本当に問題なく快適に使うことができる回線なのかを徹底検証していきます。

ちなみに楽天モバイルの速度は日常使いでは何ら問題ないから、どこよりも1番お得な料金でキャンペーンも多数の楽天モバイルがおすすめだよ

\今なら 20000ポイント還元 /

※1GBまでなら無料で使える
※3ヶ月無料キャンペーン中

目次

楽天モバイルの通信速度の見方を解説

楽天モバイルの通信速度の解説の前にまず、通信速度の見方を理解しましょう。

速度の単位は「bps(ビーピーエス)」で表され「1秒間あたりに何ビットのデータを転送できるか」という意味になり、bpsの値が大きいほど通信速度は速くなります。

表示単位は1,000ビットごとに「kbps」「Mbs」「Gbps」と変わります。

さらに速度単位bpsは「ダウンロード速度」と「アップロード速度」の2つに分けられます。

ダウンロード速度(下り速度)

インターネット閲覧や動画閲覧、メール受信など端末に情報を受信する時の速度

アップロード速度(上り速度)

SNSの投稿(TwitterやInstagramなど)やメール送信時など端末から情報を送信する時の速度

また、「ms」として表される「ping値」という単位もあり、Ping 値数字が低いほど反応速度が速いと言われています。

ms(ping値)

「通信における反応(応答)速度=遅延の程度」という意味

このように通信速度はbpsで表される「ダウンロード速度」「アップロード速度」とmsで表される「Ping値」の3つで測ることができます。

ネットを快適に使う速度の目安は?

ここからは実際にインターネット環境を快適に使うための通信速度の目安を解説していきます。

まず、ストレスなく通信できる速度は下記と言われています。

ストレスなく通信できる速度の目安
  • インターネット回線 10Mbps〜30Mbps
  • スマートフォンの場合 5Mbps以上

このことからも10〜20Mbps程度あれば、日常生活で十分満足できる速さでインターネットを使えることが分かります。

以下は用途別のインターネット環境を快適に使うための通信速度の目安です。

参考にしてみてくださいね。

用途別 快適な通信速度の目安
  • メール送受信・LINE受信・インターネット閲覧 1Mbps
  • youtube動画視聴(720p)・SNS投稿・ビデオ通話 3〜5Mbps
  • youtube動画(1080P・高画質)5Mbps
  • 4K動画視聴 25Mbps

ちなみに「通信速度が速い」と言われる基準数値は以下になります。

通信速度が速い基準数値
  • ダウンロード速度 30Mbps
  • アップロード速度 10Mbps
  • Ping値 30ms

それではこの数字を念頭に置いて、楽天モバイルの通信速度について詳しくみていきましょう。

楽天モバイルの速度は遅いのかを徹底検証

rakutenmobile

楽天モバイルの速度は実際、早いのか遅いのかどちらでしょうか。

楽天モバイルは「いろいろなキャンペーンがあってお得」と言われていますが、その反面「実際は通信速度が遅く回線として使い物にならないのでは?」など、安いならではの落とし穴があるのではないか気になりますよね。

そんな不安を解消すべく、ここからは大手3大キャリアのサブブランドとの通信速度の差の比較と、楽天モバイルリアルユーザーのいい口コミと悪い口コミを検証していきます。

平均速度はどのくらい?3大キャリアと比較

まずは気になる楽天モバイルと大手3大キャリアでは速度はどれくらい違うのか見ていきましょう。

rakutenmobile
楽天モバイル
ahamo
ahamo
povo
povo
linemo
LINEMO
平均ダウンロード速度(Mbps)31.3796.0570.4846.34
平均アップロード速度(Mbps)18.113.0912.7411.64
平均Ping値(ms)52.4851.5251.140.84
測定件数(件数)34,8153,1471,415850
公式ホームページ詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
みんなのネット回線速度より引用

このように楽天モバイルは大手3大キャリアのサブブランドと比較すると、平均のダウンロード通信速度(動画閲覧など)は1番遅くアップロード通信速度(SNS投稿など)は1番早いことがわかります。

楽天モバイルのダウンロード速度は31.37Mbpsと他社と比べると遅めですが、日常生活に支障のない通信速度の10Mbps〜20Mbpsは余裕で出ているので、特に速度に問題なく使える回線であるということが分かりました。

楽天モバイルユーザーの速度についての評判を検証

次に実際のリアルユーザーの声を見ていきましょう。

混雑するお昼休憩の12〜13時の時間帯の速度も問題ないようです。

夕方はユーザーが増えるため速度は落ちますが、十分に使えるとの口コミです。

容量オーバーになってデータ速度に制限がかかっても、1Mbspあればyoutubeも見ることができています。

ただし場所によりまだ速度が安定していなくて、送受信ともムラがある時があります。

ユーザーが爆発的に増えていることと、回線エリアをまだまだ拡大中の楽天モバイルはサクサク通信できていても急に遅くなることもあるようです。

このように「楽天モバイルの速度は速い」というツイートも多いですが、ユーザーが増えてさまざまな場所で楽天モバイルを使うようになったことで「速度が出ない、遅くなった」というツイートも見られます。

徐々に改善されると考えられますが、速度状況はユーザー数や時間帯によっても変わるので「100%どこでも速いわけではない」ということは理解しておきましょう。

大手3大キャリアでも通信障害を起こして使えなくなることもよくあるから「携帯電話はどこでもいつでも100%安定した通信速度で使える」というのは難しいことがわかるね

実際に楽天モバイルは遅いのか速度を検証

楽天モバイルの速度の平均値やユーザーの評判を見ていただきましたが、ここからが実際に楽天モバイルを契約している僕の実速度を時間帯に分けて検証してみましたので参考にしてください。

朝とお昼に測定

楽天モバイルの速度検証朝9時
朝9時に検証
楽天モバイルの速度検証12時
お昼に検証

夕方と夜に検証

楽天モバイルの速度検証夕方
夕方17時半に検証
楽天モバイルの速度検証夜中に検証
夜中に検証

こうして比較してみると夕方の時間帯が1番遅い速度ですが、それでもダウンロード(下り)の速度が26.9Mbpsと充分すぎるスピードでした。

26Mbpsは普通に速い速度に入るね!もちろん動画視聴も楽々できるよ!

もちろん検証する地域や場所に応じても速度は様々ですが、自宅以外にも人の多い駅前や住宅街など場所を変えて検証しましたが、20〜50Mbpsの速度が出ることが多く、ネットの閲覧などができないような劇的に遅い速度は出ませんでした。

楽天モバイルの通信回線は「楽天回線」と「パートナー回線」の2種類ある

楽天モバイルの通信回線には「楽天回線」と、楽天回線エリア外はau回線を使う「パートナー回線」という2種類があります。

そして「パートナー回線」に切り替わると、使用できる通信容量は月間5GBまでになります。

特に自分の住んでいる場所が対象エリアかどうかを楽天モバイルの申し込み前には必ず確認してください。

楽天モバイル回線対象エリアの確認はこちら→ 楽天モバイルサービスエリアを調べる

僕もたまに外出先でパートナー回線に切り替わるけど、その時は動画視聴とか大きくデータ容量を使わないように気をつければ問題はないし、wi-fiスポットで接続すれば不自由なく使えているよ

楽天モバイルは新しい会社のため大手3大キャリアに比べると回線対象エリアがまだ多いとはいえませんが、現在楽天が総力をあげて対象エリアをどんどん拡大しています。

もしも住んでいる場所が楽天回線エリア外でも申し込みを諦めるのではなく、随時エリア拡大情報をチェックしてみましょう。

楽天モバイルの通信速度は楽天回線かパートナー回線によっても異なる

楽天モバイルの通信速度は、「楽天回線」と「パートナー回線」によっても異なるのでしょうか。

それぞれ速度の検証を行ってみました。

検証中ーーー

パートナー回線は5GB以上で最大1Mbpsの速度制限がかかる

楽天回線対象エリアでない場合はauのパートナー回線に切り替わります。

パートナー回線エリア内では月額使用限度データ量が5GBまでになり、5GBを超えると1Mbpsの速度制限になります。

5GBでもデータ使用量としては大きいですが、もしも5GBを超えて速度制限になってしまった場合なにができるのか不安になりますよね。

1Mbpsの速度制限になった場合でも、以下は普通に使用できます。

速度制限1Mbpsでできること
  • LINEやメール
  • WEBサイトの閲覧
  • 標準画質の動画
  • 地図・ゲームアプリ
  • 音楽・アプリのダウンロード

高画質動画じゃない限り普通に携帯を使えるけど、なるべく5GBを超えてしまわないように普段から回線エリアを確認することは大切だね

楽天モバイルの速度は遅いが支障がないレベルでメリットのほうが多い

楽天モバイルの通信速度、特にダウンロード速度は大手3大キャリアに比べると確かに遅いです。

しかし、インターネット閲覧やメール送受信はもちろんのことyoutubeのような動画も5Mbpsあれば十分快適に見ることができ日常生活に支障はないレベルで携帯を使えるといえます。

遅いといっても楽天モバイルは日中30Mbps以上、夜間10Mbps以上、パートナー回線でも最低8Mbps以上は通信速度があるから問題ないし、お得なメリットの方が確実に多い携帯だよ

ここからは楽天モバイルがいかにお得かその内容とメリットを解説していきます。

Rakuten UN-LIMIT VIは無制限使い放題で最大3,278円とお得

rakutenmobile

楽天モバイルの料金プランは「Rakuten UN-LIMIT VI」のひとつだけとシンプルで分かりやすくなっています。

さらに驚きなのが月額2,980円(税込3,278円)でデータ容量無制限使い放題プランがあることです。

データ容量無制限定額プランは他のキャリアにはなく、楽天モバイルだけなんだよ!

楽天モバイルの通信速度が他社と比べると遅いとはいえ、月額約3,000円でデータ容量無制限で使い放題になるのはとてもお得な内容としかいえません。

楽天モバイルの詳しい料金プランはこちら

今なら3ヶ月無料で使い放題でお試しできる

今ならキャンペーンで月額基本料金3ヶ月を無料で使うことができ、2,980円(税込3,278円)×3ヶ月=8,940円分(税込9,834円分)がお得になります。

「基本使用料金○ヶ月分割引キャンペーン」はよくありますが「基本使用料全額無料キャンペーン」はどのキャリアも実施しておらず、いかに楽天モバイルがお得な上に携帯電話市場のシェアを本気で狙っているかわかりますね。

解約の決まりや違約金もないから、無料で3ヶ月使って楽天モバイルの実際の使い心地を試してみるといいよ

iPhoneもお得に購入できる

楽天モバイルには「iPhoneアップグレードプログラム」という2021年6月29日よりスタートしたオリジナルの制度があります。

iPhoneアップグレードプログラム」は最新機種であってもiPhoneの機種代金が最大で半額購入できるというiPhoneユーザーにとって、とてもお得な内容となっています。

楽天モバイル iPhoneアップグレードプログラムとは

iPhoneの機種代金を48回分割払いで購入し、24回目の支払い完了後にお使いのiPhoneを返却すれば残りの24回の支払いは不要

詳しい内容は下記の記事を見てくださいね。

今使っているiPhoneを途中で返せば、残りの機種代の支払いなしに最新機種に変更できるということだよ。
だから常に最新機種に買い替えることができる制度なんだ〜

楽天モバイルの速度は遅いのか検証まとめ

ここまでは楽天モバイルの通信速度は遅いのか、大手3大キャリアと速度の比較や口コミとともに詳しくみてきました。

楽天モバイルの通信速度は特にダウンロード速度は遅めですが、20Mbps以上は出ているので快適に使うことができて問題ないということがわかりました。

楽天モバイルの平均通信速度
  • ダウンロード速度 31.37Mbps
  • アップロード速度 18.1Mbps
  • Ping値 52.48ms
快適な通信速度の目安
  • メール送受信・LINE受信・インターネット閲覧 1Mbps
  • youtube動画視聴(720p)・SNS投稿・ビデオ通話 3〜5Mbps
  • youtube動画(1080P・高画質)5Mbps
  • 4K動画視聴 25Mbps

4K動画視聴以外は、楽天モバイルで十分快適に通信できることがわかるよね

また「速度も問題ない」といういい口コミが多く、場所により「速度が急に遅くなった」という悪い口コミもありますが、楽天モバイルユーザーが一時的に爆発的に増えて、回線エリア拡大も随時実施していることを考えると徐々に良くなることもわかります。

通信速度も問題なく、どのキャリアと比較しても圧倒的にお得な楽天モバイルをいますぐ使用して低価格で快適なスマホ生活を送りましょう。

\今なら 20000ポイント還元 /

※1GBまでなら無料で使える
※3ヶ月無料キャンペーン中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる