Anker PowerCore Magnetic 5000 レビュー|コンパクトでワイヤレス充電可能のマグネット式モバイルバッテリー

Anker PowerCore Magnetic 5000 レビュー|コンパクトでワイヤレス充電可能のマグネット式モバイルバッテリー

iPhone 12シリーズからiPhone本体の背面に搭載されたMagsafe機構。

マグネットが内蔵されているので、Magsafeを利用したiPhoneスタンドやウォレットケースなどのアクセサリーが販売されてきています。

そんな中Ankerが販売したのがMagsafeにピッタリとくっつけて充電することができるモバイルバッテリー「Anker PowerCore Magnetic 5000」です。

Anker PowerCore Magnetic 5000をiPhoneに取り付け

ワイヤレスで背面にくっつけるだけで充電することが可能と使いやすいモバイルバッテリーです。

Anker PowerCore Magnetic 5000の特徴
  • Magsafe機構に装着しワイヤレスで充電
  • 5Wの充電に対応
  • 5000mAhの容量
  • 有線充電も可能
  • パススルー充電に対応

5W充電と正直充電スピードは遅い仕様ですが、ケーブルレスでかさばらずにスマートに充電したい方にうってつけ。

これを待ってた!

本記事では「Anker PowerCore Magnetic 5000」の使用感や特徴をレビューしていきます。

目次

Anker PowerCore Magnetic 5000の外観デザイン

Anker PowerCore Magnetic 5000の外観デザインから見ていきます。

Anker PowerCore Magnetic 5000
名称Anker PowerCore Magnetic 5000
容量5000mAh
出力(ワイヤレス)5W
入出力(有線)10W
サイズ(縦、横、厚さ)・重量6×9×1.5センチ|133g
パススルー充電
商品購入詳細を見る

マッドな質感のモバイルバッテリーで、ブランド名の「ANKER」の文字が施されています。

付属品は収納ポーチとタイプCケーブル。

Anker PowerCore Magnetic 5000の付属品

サイズは縦6×幅9×厚さは1.5センチほどとコンパクトなサイズ感。

iPhoneに取り付ける側にはMagsafeのマークのような円状のデザインになっています。

Anker PowerCore Magnetic 5000の背面

重量は133gで軽量なので、iPhoneに装着していても邪魔にならない取り回しのしやすいモバイルバッテリーです。

Anker PowerCore Magnetic 5000の重さ

Anker PowerCore Magnetic 5000をレビュー

実際に使ってみた様子をレビューしていきます。

Anker PowerCore Magnetic 5000とiPhone 12 Pro

スマホはiPhone 12 Proを使用しました。

マグネット内臓でしっかりとくっつく

取り付けは単純で、iPhoneの背面に近づければマグネットで固定されます。

iPhoneにAnker PowerCore Magnetic 5000を装着

サイズ感が絶妙で、背面のトリプルカメラに被ることもなく充電しながら写真を撮ることもできます。

blank

厚みはiPhoneよりも少し厚い程度なので、装着しながら操作しても使いづらいこともなく使えます。

また、充電時にはAnker PowerCore Magnetic 5000にインジケーターが4つ搭載されているので、残りの電力がパッと見でわかるもの使いやすいです。

Anker PowerCore Magnetic 5000とiPhoneの厚み
  • 1つ点灯:0〜25%
  • 2つ点灯:26〜50%
  • 3つ点灯:51〜75%
  • 4つ点灯:76〜100%

マグネットの磁力はとても強力なので、充電しながらスマホを操作したりしても全く外れる様子はありませんし、Anker PowerCore Magnetic 5000自体を持ち上げてもきっちりくっついています。

Anker PowerCore Magnetic 5000のマグネットは強力

充電速度は遅め

充電はiPhoneの背面に取り付けるとすぐに充電できるほど簡単に使用できます。

blank

ワイヤレス充電の出力は「5W」のみとなり、iPhoneを急速充電することはできません。

実際に充電してみて感じたのは、早い充電を求める人ではなく、快適な充電を求める人におすすめできるモバイルバッテリーですね。

残り充電残量が1%の時に充電を開始した結果が下記の通り。

充電時間充電残量
0分1%
12分経過6%
30分経過18%
1時間経過27%
1時間52分経過52%
2時間37分経過69%
3時間経過79%
4時間経過84%
4時間30分経過(電池切れ)93%

2時間弱充電してようやく50%ほど回復と充電時間はかなり遅いですね。

3時間ほど充電し79%まで回復しましたが、それ以降はもっと遅くほぼ%が上がりません。電池自体がそろそろ切れるかなーと様子見をしながら充電してみましたが、一応切れずに4時間30分ほどまで充電することができました。

最終的には1%→93%まで回復し、iPhone 12 Proであれば満充電近くまで充電することができます。

そして、Anker PowerCore Magnetic 5000はiPhone 12シリーズのみが充電できるわけではなく、通常のワイヤレス充電であればその他ワイヤレス充電に対応している端末を充電することができます。

Anker PowerCore Magnetic 5000でAir Pods Proを充電
Air Pods Proを充電
Anker PowerCore Magnetic 5000でiPhone8を充電
iPhone8を充電

試しにAir Pods ProとiPhone8を充電してみました。なんの問題もなく充電できています。

しかしもちろんのことながら、マグネットでくっつけて充電することはできません。

有線充電もできる(2台同時充電不可)

HAnker PowerCore Magnetic 5000は本体横にUSB-Cポートが搭載されており、ここから電力の入出力が可能です。

Anker PowerCore Magnetic 5000のUSB-Cポート

ケーブルを使用した有線充電では10Wの出力となるので、ワイヤレスよりも多少早く充電することができます。

iPhoneを操作しない時や、少しでも早くiPhoneを充電したいときなんかに使うと良いですね。

Anker PowerCore Magnetic 5000で有線充電

しかし個人的にはワイヤレス充電こそが、このAnker PowerCore Magnetic 5000の醍醐味でもあるのであくまでもメインはマグネット式のワイヤレス充電での使い方が1番便利です。

そして、Anker PowerCore Magnetic 5000では有線接続とワイヤレス充電の2代同時充電はできません。

Anker PowerCore Magnetic 5000の2代同時充電は不可能
Air Podsの充電ランプが点灯せず

そのため上の写真のようなiPhoneを充電しながらAir Pods Proを充電!みたいな使い方はできません。

正直容量も5000mAhと少ないのでこちらもそこまで重要視する機能でもないですね。

パススルー充電に対応

Anker PowerCore Magnetic 5000はパスするー充電にもきちんと対応しています。

Anker PowerCore Magnetic 5000はパスするー充電にも対応

装着しているデバイスを充電完了したあとに、本体も自動的に充電されます。これは地味に便利。

Magsafe対応ケースであれば装着可能

Magsafe対応のケースであればケースの上からでもきちんと装着・充電が可能です。

Anker PowerCore Magnetic 5000はMagsafeケースに対応

Appleの純正レザーケースを使用していますが、きちんと充電されていますし、マグネットもかなりきっちりとくっついています。

Anker PowerCore Magnetic 5000のマグネット強度

iPhoneを裸で取り付けていたときと同様に外れる心配はまずないでしょう。

Anker PowerCore Magnetic 5000のレビューまとめ

Anker PowerCore Magnetic 5000を使用してみて感じた感想をまとめます。

良かったところ
残念なところ
  • ワイヤレスで脱Lightning化できる
  • サイズがコンパクト
  • 有線&パススルー充電にも対応
  • マグネットが強力
  • 充電が遅い
  • 2台同時充電できない

改めて言いますが充電時間は普通に遅く、有線での急速充電に慣れてしまっている方は覚悟しておいたほうがよいです。

しかしそれ以上にとても扱いやすい筐体で、iPhoneをスマートに充電することができるようになりました。

充電スピードを気にしない人であればこの手軽さはぜひ1度試してみてください。

blank

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる