Native Union Clic Canvasレビュー|2トーンデザインがおしゃれな最高のiPhoneケース

Native UnionのiPhoneケース

iPhoneは裸でそのまま使っても良いですし、豊富に出ている様々なケースを装着して印象をガラリと変えるのも楽しいです。

僕もiPhone 12 Proを購入してから、NOMADのレザーケースApple純正のレザーケースを購入して使用してきました。

そして今回新たにめちゃめちゃおしゃれなデザインのiPhoneケースを見つけたので購入することに。

そのiPhoneケースが「Native Union Clic Canvas」という2トーンカラーが印象的なデザイン性の高いケースです。

Native UnionのiPhoneケース

個人的にどストライクのデザインで、見つけた瞬間に光の速さで購入しました。

ということで今回はiPhone 12/12 Pro用のiPhoneケース、「Native Union Clic Canvas」の外観デザインや装着感などをレビューしていきます。

iPhone 12/12 Pro以外のiPhoneにも対応しているケース多くあるので、上記のリンク先で確認してみてください

目次

Native Union Clic Canvas」の外観デザイン

「Native Union Clic Canvas」の外箱

Native Union Clic Canvas」の外観デザインを開封とともに紹介していきます。

まず僕が選んだカラーはブラック&グレーの2トーンカラー。グレーの部分はファブリック素材でできています。

blank

カラーはこれ以外にも数種類展開されており、同じように2トーンカラーのデザインとなっています。

「Native Union Clic Canvas」のカラー展開
カラー展開

ケースの内側部分には特にマイクロファイバー素材とかではなく、プラスチッキーな硬めの素材。

「Native Union Clic Canvas」

内側も同じように2トーンカラーでデザインされているのが個人的に良いなと感じました。

こういった通常見えない部分までこだわって造られている感じがプロダクトのクオリティの高さを伺えます。

「Native Union Clic Canvas」の重量

ケースの重さは30gとなり、めちゃめちゃ特別軽いわけではないですが、充分軽量サイズ。持っても軽いなと感じる印象です。

Native Union Clic Canvas」の使用感や特徴

「Native Union Clic Canvas」をiPhone12 Proに装着

実際に「Native Union Clic Canvas」をiPhone 12 Proに装着してみました。

blank

おお…めちゃめちゃかっこいい…

率直な感想は想像以上にかっこよかったです。スタイリッシュでミニマルなんだけど、iPhoneのトリプルカメラがメカメカしいガジェット感もあり最高に合っています。

「Native Union Clic Canvas」を装着

カメラの切り抜きもバッチリ。

ディスプレイ部分もカメラ部分もケースのほうが若干出ている設計なので、デスクなどに置いてもケースが保護してくれて直接ディスプレイやカメラが当たることはありません。

iPhone12 Pro
iPhone 12 Proのトリプルカメラ

サイドのボタン部分もきちんと反応しますし、ボタンの形もキレイです。

「Native Union Clic Canvas」のサイド部分

逆側のサイド部分には「NATIV UNION」という文字が彫られています。

Native Union

個人的にこういったブランド名やロゴマークがでかでか主張されているのは好きではありません。

しかし、このNative Unionはめちゃめちゃかっこいい。

「Native Union Clic Canvas」のファブリック素材

ファブリック素材部分のブランドロゴ(たぶん)もシンプルで良い感じです。

「Native Union Clic Canvas」とiPhone

iPhone下の充電ポート部分はまるごと切り抜かれている状態なので、充電ケーブルも挿しやすい形状です。

ワイヤレス充電にはきちんと対応

ケースのデザイン性は良くても、その分使い勝手が損なわれてしまっては元も子もありません。

Native Union Clic Canvas」のケースを付けていてもワイヤレス充電が可能かを試してみました。

「Native Union Clic Canvas」はワイヤレス充電に対応

きちんと対応していましたね。

家での充電は完全にワイヤレス環境にしているので、このワイヤレス充電に対応しているのはとても良かったです。

MagSafeには対応していない

iPhone12シリーズからは、本体の裏側にマグネットが装着されており、それに対応したアクセサリー類が数多く販売されてきています。

Native Union Clic Canvas」ではこのMagSafeに対応しているかを確認してみたのですが、結論から言ってMagSafeには対応していません。

「Native Union Clic Canvas」にMOFT
一応くっつくぐらいの磁力はあるが…

試しにMOFTのMagSafe対応スマホスタンドを取り付けてみました。

一応若干くっつくぐらいの磁力は来ているのですが、少し力を入れると簡単に外れます。

「Native Union Clic Canvas」とMOFT
すぐにずれる

なのでこれでは全くMagSafeの力を活かしきれておりません。

MagSafe対応のアクセサリーをよく使うよって方には正直あまりおすすめできないケースですね。

Native Unionの他アクセサリーと合わせて揃えると最高

Native Unionはさまざまなアクセサリーを販売しており、iPhoneケース以外にもノートPCスリーブやガジェットポーチなど数多くのガジェットアクセサリーを販売しています。

Native Unionのアイテム

カラーを合わせて揃えるととても統一感があって最高なんです。

blank

かっこよすぎる…!

Native Union Clic Canvas」のレビューまとめ

「Native Union Clic Canvas」を手に持っている

装着してるだけでテンションの上がるiPhoneケース「Native Union Clic Canvas」をレビューしました。

MagSafeが使えないというのはiPhone 12 Proのポテンシャルを活かしきれていないですが、それでもこのデザインのかっこよさに惚れ込み使っています。

Native UnionのiPhoneケースはこの2トーン以外にも別のデザインの物が販売されているので、どれもおしゃれなものが多いのでぜひ気になる方は下記のリンクから詳細を確認してみてください。

blank

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる