iPhone機種変更時のデータ移行をPC・iCloud不要で手軽におこなう手順・注意事項を解説

【PC・iCloud不要】iPhone機種変更時のデータ移行をクイックスタートで簡単におこなう方法まとめ【iPhone12対応】

どうも、ついにiPhone13 Proを購入したアトム(@ATOMS_blog)です。

昨年にはiPhone 12 Proを購入し、その時に困ったことがありました。

新しいiPhoneへのデータ移行ってどうやるんだっけ?

久しぶりにiPhoneを機種変更したのはいいものの、肝心のデータ移行のやり方がわからない、忘れてしまったというかたも多いはず。

そこで本記事では、iPhone機種変更時におこなうデータ移行を【PC・iCloud不要】で簡単にできるクイックスタートのやり方を解説していきます。

たくさんの写真を使って丁寧に解説していきますので、この記事を読みながらおこなえば簡単にデータ移行が完了します。ぜひ参考にしてください。

目次

クイックスタートでiPhoneのデータ移行をする前の確認事項

それではまず、クイックスタートでiPhoneのデータ移行をおこなう前に確認しておくべき準備から解説していきます。

iosバージョンが12.4以降

今回ご紹介するクイックスタートでのiPhoneのデータ移行は、iosが12.4以降の必要があります。

従ってこのやり方ができるiPhoneは5S以降のモデルとなります。

お使いのモデルのiosを確認する場合は「設定」のアプリから「一般」→「ソフトウェア・アップデート」を開けば確認ができます。

iPhoneのソフトウェア・アップデート
iPhoneのソフトウェア・アップデート

万が一iosが12.4以前であればアップデートを行いましょう。

Bluetooth・Wi-Fi設定をON

クイックスタートでデータ移行を行う場合はWi-Fi環境での作業をおすすめします。

このデータ移行はお使いのiPhoneのアプリや写真、連絡先などをまるっと移行させるため、大きな容量をダウンロードすることになるのでデータ容量が結構かかってきてしまいます。

なので、Wi-Fi環境がある方はWi-Fi環境のもとデータ移行を行いましょう。

そしてBluetoothの接続をONにしておく必要があります。

新しいiPhoneの初期化

データ移行を行う際は、移行先の新しいiPhoneを初期化しておく必要があります。

ドコモ、au、ソフトバンクなどキャリアで購入されている場合は、引き渡しの際に設定が完了されているので初期化しておきましょう。

データ移行の前に写真を撮ったり、メールを受信などしている場合は初期化することによりすべて削除されてしまう為、AirDropなどでこれまで使っていたiPhoneに送ったりとデータを保管しておきましょう。

初期化のやり方

STEP
設定アプリから「一般」を選択し、リセットをタップ
iPhoneの設定
iPhoneの設定
STEP
「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択し「iPhoneを消去」で完了
iPhoneの設定

LINEのトークバックアップと引き継ぎ設定

Lineをお使いの方は、データ移行の前に念のためトークのバックアップと引継ぎ設定をしておきましょう。

まずはトークのバックアップを行います。

トークのバックアップ方法

STEP
ホーム画面の歯車をタップし「トーク」を選択
Lineのバックアップ
Lineのバックアップ
STEP
「トークのバックアップ」を選択し「今すぐバックアップ」で完了
Lineのバックアップ
Lineのバックアップ

次にアカウントの引継ぎを行います。

アカウントの引継ぎ設定

STEP
ホーム画面の歯車を選択
Lineのバックアップ
STEP
アカウントから「アカウント引き継ぎ」を選択して完了
Lineのアカウント引継ぎ
Lineのアカウント引継ぎ

LINEは1つのアカウントに対して1台の端末からでないと利用することができません。万が一2台の端末で利用してしまうとデータが削除されてしまうことがある為、必ず設定しておきましょう。

iPhoneをクイックスタートでデータ移行の方法

それではiPhoneをクイックスタートでデータ移行をしていきます。

まずこれまで使っていたiPhoneからSIMカードを新しいiPhoneに移行しておきましょう。iPhoneの脇に小さい穴の開いたSIMカード収納があります。

その穴にSIMピンを差し込みます。

iPhoneのSIMカード移行

SIMピンを差し込むとSIMカードが取り出せるので、新しいiPhoneに移し替えます。

iPhoneのSIMカード移行

新しいiPhoneの電源を入れてこれまで使っていたiPhoneを近づけると、クイックスタートは開始されます。

クイックスタートのやり方

STEP
旧iPhoneから「新しいiPhoneを設定」をタップ

2台のiPhoneを近づけると旧iPhoneから「新しいiPhoneを設定」というものが自動で出てきます。

ロック解除して続けるを選択します。

iPhoneのクイックスタート
STEP
新iPhoneに旧iPhoneのカメラを向ける

新しいiPhoneにディスプレイが、「ほかのiPhoneを待機中…」という画面に切り替わりモヤモヤっとしたイメージが表示されます。

iPhoneのクイックスタート

そして旧iPhoneには「新しいiPhoneにカメラを向けてください」というメッセージと円が表示されます。

iPhoneのクイックスタート

そして、その円の中に新しいiPhoneに表示されているイメージを配置させます。

iPhoneのクイックスタート
STEP
旧iPhoneで使用していたパスコードを入力

これまで使っていたiPhoneで設定されているパスコードを入力していきます。

iPhoneのクイックスタート
STEP
Face ID(顔認証)の設定

次にFace ID(顔認証)の設定をしていきます。

iPhoneの顔認証

丸い枠に顔を合わせていきます。

iPhoneの顔認証

合計2回認証されれば完了です。

iPhoneの顔認証
STEP
新しいiPhoneからデータを転送

新しいiPhoneが「iPhoneからデータを転送」画面になるので「続ける」を選択

iPhoneからデータを転送

「ほかのiPhoneから設定」の「続ける」を選択

iPhoneからデータを転送

Apple PayやApplewatchなどを使っている方は設定画面に切り替わります。

Applepayの設定
appleWatchの設定

Siriの設定も。

siriの設定

これらの設定が完了するとデータの転送が開始されます。

iPhoneからデータを転送

あとはデータの転送が完了するまで放置しておけば完了となります。

画面では残り時間約2時間と表示されていますが、実際には50分ほどで転送が完了しました。

実際にかかる時間はお使いのiPhoneのデータ内容により異なります。

STEP
LINEの設定

データ転送が完了しましたらLineの引継ぎを行っていきましょう。

Lineのアプリを選択し、「本人確認する」からログインしていきます。

Lineの設定
Lineの設定

ログイン方法によって設定方法が異なりますので、画面上に出ている設定を完了していけばいままで通りにLineを利用することができるようになります。

これでLineの設定は完了です。

データ移行後の各種設定

iPhoneのデータ移行が完了したあとに、各種サービスの設定をおこなっていく必要があります。

これらは個人により設定する物が変わってくるので、1部利用者が多そうなサービスなどの設定方法を解説していきます。

格安SIMのAPN設定

格安SIMをお使いの方の場合は、新しいiPhoneでAPN設定をする必要があります。

こちらは各格安SIMによって設定が変わってきますのでSafariで「○○(格安SIMの会社名) APN設定 iPhone」のように検索してみましょう。

各種設定をおこない、プロファイルをダウンロード・インストールすれば完了となります。

Apple Payの設定

Apple PayでSuicaの登録やクレジットカードの登録方法です。

以前のiPhoneでSuicaを設定している方は「設定」から「WalletとApple Pay」を選択し、お使いのSuicaから「このカードを削除」でカード情報を削除します。

Apple Payの登録方法

STEP
iPhoneの設定から「WalletとApple Pay」を選択
Apple Payの登録方法
STEP
カードを追加でクレカやSuicaの登録

お使いのカードの種類を選択し、カード情報を設定していけば完了

Apple Payの登録方法

iPhone機種変更時のデータ移行をPC・iCloud不要で手軽におこなう手順・注意事項まとめ

iPhoneのデータ移行をクイックスタートで簡単におこなう方法を紹介しました。

iPhoneだけで完結できるので、簡単にできます!

データ移行にはある程度のお時間がかかりますので、時間に余裕がある時に作業をするようにしましょう。

iPhoneを買い替えた方などの参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる