Apple

【iPhone 12 Pro比較レビュー】iPhone 8から乗り換えて分かった性能の凄さ。外観・カメラ・サイズ感の違いを解説【評判・口コミも紹介】

【iPhone 12 Pro比較レビュー】iPhone 8から乗り換えて分かった性能の凄さ。外観・カメラ・サイズ感の違いを解説【評判・口コミも紹介】

iPhone8からiPhone 12 Proに乗り換えたアトム(@ATOMS_blog)です。

iPhone 8以降に出たモデル、XSやiPhone 11などはスルーしてきましたが、今回2020年10月に発売されたiPhone 12 Proは予約開始と同時に飛びつき注文しました。

blank
角ばったデザインが復活!そしてサイドのステンレススチールの輝きがたまらない!

 

正直スマホで普段していることは、iPhone 8のスペックで充分なのでこれまで買い替えはしていませんでした。

しかし、iPhone 12ProではかつてのiPhoneを彷彿させるあの角ばったデザインが復活し、かつサイドにとてもつもない高級感を漂わせるステンレススチールが搭載されました。

iPhone 12Proのステンレススチール

そして実際にiPhone 8から乗り換えてみて分かったデザインだけではないiPhone 12 Proの素晴らしさ。

外観」「性能」「カメラ」「サイズ感

これらすべてが刷新され、もはやまったく別物のデバイスと言っても過言ではありません。

 

iPhone 12 Proを手に入れてからというもの、性能の凄さに使いながら興奮している毎日。

blank
この興奮をiPhone 12 Proを検討しているあなたにお伝えしたい!!

 

そこでこの記事では、長年iPhone 8ユーザーだった僕がiPhone 12 Proに乗り換えて感じた魅力と気になる点などをレビューしていきたいと思います。

結論から言うとめちゃめちゃ乗り換えて良かったです。しかしもちろん良い所だけではなく、使って感じた気になる点なども詳しく解説していきますのでぜひ参考にしてくださいね。

 

 

blank

iPhone 12 Pro グラファイトの外観デザイン・付属品

iPhone12 Proの外箱

まずは外観デザインや付属品から。

今回発売されたiPhone 12 Proのカラー展開は全4色。

iPhone 12 Proのカラー展開

左から「シルバー」「グラファイト」「ゴールド」「パシフィックブルー」となっています。

今回僕が購入したのはグラファイト。

黒に近いというよりも、どちらかというと濃いシルバーといったところ。とても高級感がありますね。

iPhone12 Proの背面

背面はマッドガラス素材となっており、手触りの良いサラサラとした質感です。

そしてサイドはステンレススチールが搭載された鏡面加工。

更にはかつてのiPhoneを彷彿させる角ばったデザインが復活し、これまでにないより高級感のあるiPhoneに生まれ変わりました

iPhone 12 Proのステンレススチール

blank
正直結構指紋が目立つんですよね。しかしこの輝きがたまらない!

iPhone 12 Proのステンレススチール

iPhone 12 Proのステンレススチール

 

 

iPhone 8と比べると、より一層外観のデザインが変わったことがわかりますよね。

iPhone 12 ProとiPhone 8

左:iPhone12 Pro|右:iPhone8

 

ディプレイは「どんなスマートフォンよりも頑丈」と謳われているCeramic Shieldを搭載。

ほとんどの金属よりも硬い、ナノセラミッククリスタルをガラスに組み込んで作ることにより、強度を最大限まで保ち耐落下性能が4倍アップされているようです。

iPhone 12 Pro

 

残念だったのが充電ポートがいまだにライトニングだということです。

iPhone 12 Proの充電ポートはライトニング今ではさまざまな端末がUSB-Cになっている中、ライトニングはとても残念。

iPad Proや同時期に発売された新型iPad AirもUSB-Cに対応している中、なぜiPhoneがいまだにライトニングを搭載されているのかが今年1番の謎ですね。

 

iPhone 12シリーズでは充電アダプタとイヤホンの両方が付属されなくなりました。

iPhone 12 Proの同梱品

iPhone 12 Proの付属品

  • iPhone本体
  • 充電ケーブル(USB-C to ライトニング)
  • Appleステッカー
  • SIMピン

 

僕もそうでしたが、これまで付属されていた充電アダプターやイヤホンは使うことがほぼないので、これらが付属されていなくても個人的には何も不便はありません。

イヤホンであればやはりAir Pods Proが神がかっていますし、純正電源アダプタは電力が小さすぎるので各メーカーが出している充電器の方がよっぽど高速充電が可能ですからね。

 

iPhone 12 Proは今までよりも高出力の20Wでの高速充電が可能になりました。

iPhone 12 Pro用の電源アダプタを購入したいのであれば、発売と合わせてAnkerが出してきた「PowerPort III Nano 20W」がおすすめです。

blankblank
世界最小・最軽量の20W対応の小型充電器。

こちらを使えばiPhone 12 Proを最速で充電することが可能となっています。

blank
発売するタイミングが絶妙すぎる!

 

iPhone 12 Proのサイズ感

iPhone 8から乗り換えて1番違和感があったのがサイズ感の違いです。

iPhone 12 ProとiPhone 8これまで縦138.4×幅67.3×厚さ7.3mmの小ぶりなiPhone 8を長く使っていたので、iPhone 12 Proを持った瞬間とても大きく感じました。

 

iPhone12 Proのサイズは高さ146.7×幅71.5×厚さ7.4mm

iPhone 8 Plusよりかは小さくはありますが、それでも大幅にサイズアップしています。

 

重さはiPhone 8が155gに対し、iPhone 12 Proは198g。(どちらもガラスフィルムを貼っています)

iPhone 8の重さが155g

iPhone8

iPhone12 Proの重さが198g

iPhone 12 Pro

blank
iPhone8を持ったあとだとずっしり感はあるね。

 

ですが、これまでもiPhone8にケースを付けて使用していたりしていたので重さに関してはまったく気になりませんが、1番サイズ感で気になったのが片手での操作感です。

iPhone8での片手操作

iPhone8は端まで届いていた

iPhone12 Proでの片手操作

iPhone 12 Proでは端までキツイ

 

blank
片手でサクサク操作がしづらいな…

端のアプリはもちろん普通にタップできますが、やはりiPhone 8に比べるとサクサク片手での操作が若干しづらくなりました。

使っていれば時期になれましたが、手が小さい方なんかは特にサイズ感は気にされた方がいいですね。

 

blank
購入するうえでサイズ感を優先している人はiPhone 12 miniが良いかもしれませんね!

 

iPhone12 Proレビュー!iPhone 8からの性能が大幅にアップ!

iPhone8とiPhone 12 Proの比較レビュー

これまでiPhone XS、iPhone 11などをすっ飛ばしてiPhone 12 Proにしたことにより、数々の性能アップに正直驚きを隠せません。

ここからは各機能をiPhone 8と比較しながら解説していきます。

 

全体的なスペックアップで更に使いやすく

iPhone12 Proではすべての性能が大きくスペックアップしています。

まず、iPhoneの頭脳とも呼べる内蔵チップがA14 Bionicを搭載。iPhone8と比べ驚くほどサクサクに動きます。

ディスプレイは「Super Retina XDRディスプレイ」という6.1インチの有機ELディスプレイを搭載

解像度は2,532×1,170ピクセルとiPhone8の1,334×750ピクセルよりも大幅にアップしていることがわかります。

iPhone 12 ProとiPhone 8

左:iPhone 12 Pro|右:iPhone 8

 

iPhone 12 Proのディスプレイ詳細
ディスプレイサイズ6.1インチ
解像度2,532×1,170ピクセル
コントラスト比2,000,000:1
最大輝度800ニチ(標準)|1,200ニト(HDR)
特徴Super Retina XDRディプレイ、HDR、広色域(P3)、触覚タッチ、True Tone

 

生体認証がFace IDに

iPhone 12 Proでは指紋認証のTouch IDから顔認証のFace IDに変更になりました。

iPhone8のTouchID

iPhone8のTouchID

iPhone12 ProのFace ID

iPhone12 ProのFace ID

 

反応速度はずば抜けて早く、スマホを持ち上げた瞬間に解除され、使う上でストレスはまったく感じられないほど。

しかし、マスクを付けている時は外さないといけないし、デスク上に置きながらいじりたい時でもいちいち持ち上げないといけないのでそういったところが不便に感じました。

 

blank
色々な場面での使い勝手の良さではTouch IDのほうがよかった!

 

カメラがトリプルレンズ+LiDARスキャナ搭載

乗り換えて1番の変更点はカメラだと言ってもいいほど劇的に進化しています。

iPhone 12 Proはシングルカメラからトリプルカメラに変更され、更にLiDARスキャナも搭載

iPhoneのトリプルカメラとシングルカメラ

それぞれ、広角・超広角・望遠の3つの画角で撮影することができるようになったんです。

iPhone 12 Proの広角、超広角、望遠レンズ

 

blank
ワンタップで瞬時に切り替えられるのがめちゃめちゃ便利!
焦点距離(35mm換算)とf値
超広角13mm/f2.4
広角26mm/f1.6
望遠52mm/f2.0

画素数は1200万画素とiPhone 8を含めこれまでのiPhoneシリーズと変わらずではありますが、iPhone 12 Proには写真を綺麗に撮影できる機能が盛りだくさんで搭載されているのです。

 

スマートHDR3

スマートHDRはiPhone XS以降に搭載された機能となり、写真の明るい部分と暗い部分の差を何枚もの写真で合成されより目で見たイメージと同等の画質の写真になります。

iPhone12 Proで撮影

iPhone12 Proで撮影

iPhone8で撮影

iPhone8で撮影

iPhone12 Proで撮影

iPhone12 Proで撮影

iPhone8で撮影

iPhone8で撮影

それぞれ単体で見るとどちらのiPhoneも充分画質は綺麗なのですが、こうして比べてみるとiPhone12 Proで撮影した写真の方がより鮮明で細かいところの部分までしっかりと写し込んでいるのがわかります。

 

スマートHDRの恩恵とソフトウェアの処理が格段と上がっていますね。

 

ポートレートモード

iPhone12 Proではポートレートモードでの撮影がより発達しています。

iPhone8ではこのポートレートモードは搭載されていなかったので、背景のボケ具合がとても素晴らしく驚きました。

iPhone12 Proのポートレートモードで撮影

blank
ボケ具合がすごい。下手なカメラよりもいい感じの写真が撮れるね!

 

f値はf1.6からf16までの調整が可能で明るさやボケ具合を好みで選ぶこともできます。

iPhone12Proのポートレートで撮影

f1.6で撮影

iPhone12Proのポートレートで撮影

f16で撮影

 

被写体や撮影場所などによって簡単に変えられるのはとても良いですよね。

そして更には、撮影時にはもちろんなのですが、撮影後もiPhoneから簡単にf値の変更ができちゃうんです。

iPhoneの写真編集でf値の値の変更

 

このポートレートモードはインカメラでも撮影できるようになり、インカメラも1200万画素の綺麗な映像で撮影ができます。

iPhone12のインカメラでポートレート撮影

blank
これで自撮りも盛れる…!!

 

ナイトモード

iPhone8とのカメラの違いで1番体感できたのが夜の撮影。

iPhone11や12では「ナイトモード」が搭載され、夜間の暗い撮影でも明るく高画質な撮影ができるようになりました。

iPhone 12 Proのナイトモードで撮影

真夜中のほぼ街灯がない場所でもこれだけ明るく鮮明な写真が撮れるんです。

iPhone12のナイトモードで撮影

iPhone12のナイトモード

iPhone8で撮影

iPhone8で撮影

 

ナイトモードを撮るには特別設定などはなく、iPhoneが撮影環境を瞬時に判断してくれてただ通常通り撮影するだけでナイトモードでの撮影ができるのも非常に便利ですね。

 

また、iPhone 12 ProではLiDARスキャナも搭載されているので、センサーで距離を光で計測することにより、夜間の撮影でもポートレートモードでの撮影も可能となりました。

blank
夜間でも簡単にはっきりとした綺麗な撮影ができるのすごい!

 

iPhone 12 Proの評判・口コミ

iPhone 12 Proユーザーのリアルな評判や口コミをTwitterから集めてみました。

全体的に評判はとてもよく、中でもやはりカメラの性能に関しては感動を覚えるほどの評価の高さがうかがえますね。

 

 

iPhone 12 Proレビューまとめ

iPhone 12 Proのタピオカカメラ

iPhone 8からiPhone 12 Proへ乗り換えてみましたが、あまりの性能アップに驚くところばかりでした。

特に何度も言いますが、カメラの性能が格段とあがり、気軽に1枚撮っただけでエモい素敵な写真をとることができますからね。

 

最後にiPhone 12 Proのポイントをまとめておきます。

  • 角ばったデザインとステンレススチールで高級感のあるモデルに
  • ナノセラミックスクリスタルを組み込み耐落下性能が4倍アップ
  • 6.1インチの有機ELディプレイ
  • 内蔵チップがA14 Bionicで処理性能がアップ
  • 最大20Wの高速充電に対応
  • スマートHDR3搭載でより鮮明で綺麗な写真に
  • LiDARスキャナ搭載で夜間のポートレート撮影可能

特にiPhone 11以前のモデルをお使いの方にはかなりおすすめしたいほどのスペックアップとなりました。

blank
これはマジで買ってよかった!ここ最近のベストバイ!

 

iPhone 12 Proを検討している方に心から「買い」とオススメできるモデルとなっていますよ。

 

Apple公式サイトはこちら

iPhoneのおすすめアクセサリーと周辺機器!より便利になるものを厳選紹介
iPhoneのおすすめアクセサリーと周辺機器!より便利になるものを厳選紹介

続きを見る

【PC・iCloud不要】iPhone機種変更時のデータ移行をクイックスタートで簡単におこなう方法まとめ【iPhone12対応】
【PC・iCloud不要】iPhone機種変更時のデータ移行をクイックスタートで簡単におこなう方法まとめ【iPhone12対応】

続きを見る

【デバイス切り替えが神】Air Pods Proレビュー!Appleデバイスを相性抜群の完全ワイヤレスイヤホン
【デバイス切り替えが神】Air Pods Proレビュー!Appleデバイスを相性抜群の完全ワイヤレスイヤホン

続きを見る

今年最後の楽天スーパーセールが開催!!

公式サイトでチェック

blank 開催期間:2020年12月04日(金)20:00~12月11日(金)01:59まで

2020年最後のビッグセール「楽天スーパーセール」の開催が決定しました。

 半額タイムセールなどの目玉商品が多数販売されるので要チェック!

楽天ポイントを貰うにはエントリーが必須となるのでお買い物の前に必ずやっておきましょう。

エントリーはコチラ

Amazonでのお買い物がお得に!


Amazonで今よりもグッとお得に買い物をするなら、事前にAmazonギフト券への現金チャージしておくのが絶対におすすめです。
現金チャージするたびに、最大で2.5%のポイントが還元されます。

Amazonギフト券チャージ還元率
このように、チャージ金額に応じて還元率が大幅に増えていきます。
Amazonギフト券の有効期限は10年間もあるので、たくさんチャージしても使い切らないということがまずないので安心です。

しかも今なら、初回チャージで1000ポイントが貰えるキャンペーンも実施中です。
blank
還元率は驚きの20%!やるしかないね!

\詳細をチェック/

Amazonギフト券1000ポイントキャンペーン

※初回1000ポイント還元
※チャージするたびお得に


-Apple

© 2020 ATOMS