子供から大人まで使える電動昇降スタンディングデスク「FlexiSpot SD1」をレビュー|長く使える学習デスクはこれで決まり

子供から大人まで使える電動昇降スタンディングデスク「FlexiSpot SD1」をレビュー|長く使える学習デスクはこれで決まり

どうも、2児の父アトム(@ATOMS_blog)です。

我が家の上の息子は最近では塗り絵や字の練習などにハマっていて、リビングのテーブルでよくやっているんですよね。

もうすぐ小学生にもなるので、そろそろ学習机でも買わなければなーと思っています。

よく売られている「THE 学習机」って感じの机は僕も小学生の頃そうだったのですが、高学年になるにつれてダサいし嫌になるんですよね。

さらには中学、高校と成長するに連れてもちろんサイズ感も合わなくなるので、どちらにせよどこかのタイミングで買い換える必要もありますし、あのでかい学習机を処分するのも一苦労。

であれば、デザイン性も飽きの来ないシンプルなモノで、子供が成長して大きくなっても使えるデスクが欲しいなーと探していました。

そんな時にジャストタイミングでFlexiSpotさんというメーカーさんから学習机が発売されるのでと言うことでお声がけいただき、お試ししてみることにしました。

FlexiSpotはエルゴノミクス(人間工学)に基づいた昇降スタンディングデスクやモニターアームなどのオフィス用品を製造・販売しているメーカーさんで、実際に僕も自室のデスクはFlexiSpotの電動昇降スタンディングデスクをとても快適に使用しています。

電動昇降スタンディングデスク「FlexiSpot E1E」の使用感

そこで本記事では、FlexiSpotの学習机「SD1」のご紹介をしていきます。

結論から言ってしまうとこのSD1は僕が求める「飽きのこないシンプルなデザイン」「子供が成長しても使えるデスク」という条件を満たしてくれるデスクでした。

FlexiSpot SD1
SD1の特徴
  • 子供から大人まで使える電動昇降デスク
  • 飽きのこないシンプルなデザイン
  • 通常の学習机に比べて価格帯が安い
目次

FlexiSpot SD1をレビュー

FlexiSpot SD1の同梱品

FlexiSpot SD1は自身で組み立てるスタイル。

別途工具なども必要なく、同梱品だけで完結できます。

同梱されている天板のサイズは通常が80×60センチで、+5,000円で100×60センチの天板に変更できます。

今回僕が使用しているのは100×60センチの大きい方のサイズの天板です。

FlexiSpot SD1の天板

デスクのカラー展開は今回使用しているシンプルなホワイトと可愛らしいピンクの2種展開。

男の子のでも女の子でも使用できるようなカラー展開となっています。

自身で組み立てる仕様ですが、マニュアルも同梱されており、しっかりと日本語対応されており別途工具も必要なく簡単に組み立てることができます。

FlexiSpot SD1のマニュアル

デスクが完成するまでにおおよそ15分ほどであっという間に完成しました。

組み立てに必要なネジ類なんかもきちんとアルファベットで分類されているので、こういった組み立ての初心者の方でもまずできないってことはないですね。

FlexiSpot SD1の付属品

簡単に組立方法も解説します。

ますは土台となる脚を組み立てます。

FlexiSpot SD1の脚を組み立て

次に天板の支えを組み立てます。

組み立てに必要な工具は付属されている六角レンチのみで完結します。

FlexiSpot SD1の天板支えを組み立て

そして天板を固定します。

FlexiSpot SD1の天板を固定
FlexiSpot SD1の天板を固定

天板の裏側にはネジ穴が開いているので、そこに合わせて昇降のスイッチを取り付けます。

FlexiSpot SD1の天板のネジ穴

電源類の配線を取り付けて完成です。

FlexiSpot SD1の電源配線を取り付け
FlexiSpot SD1の電源配線を取り付け

天板もデスクの脚もホワイトのシンプルなデザインのデスクです。

FlexiSpot SD1

FlexiSpot SD1の特徴をレビュー

FlexiSpot SD1の特徴

FlexiSpot SD1の特徴をレビューしていきます。

デスクはスイッチで簡単に上げ下げできる電動昇降式。

FlexiSpot SD1が電動昇降式

スイッチはデスクを上げるか下げるかだけなので子供でも簡単に使うことができます。

操作が簡単なので息子も嬉しそうにデスクを上げたり下げたりして使いやすい位置に調整していました。

デスクの昇降範囲は550〜890mmとなっており、子供から大人までが使用できる昇降幅になるので、子供が成長しても使い続けることのデスクとなっています。

FlexiSpot SD1の最低昇降範囲
最低少広範囲の550mm
FlexiSpot SD1の最高昇降範囲
最高昇降範囲の890mm

デスク脇にはカバンをかけるフックも付いています。

FlexiSpot SD1ではカバンもかけられる

実際に身長170センチほどの僕もデスクを使用して見ましたが、高さを調整することにより窮屈に感じることなく使用することができました

FlexiSpot SD1は大人でも使える

デスクの脚のバーが足掛けにちょうど良く、フットレス代わりに使えるのでむしろ快適に使えることができるほどです。

FlexiSpot SD1の脚がフットレストに使える

身長センチほどの息子もとても気に入り、ずーっと勉強していましたからね。(笑)

FlexiSpot SD1は子供に最適

デスクの天板も100×60センチなので広々快適。

FlexiSpot SD1の天板100×60センチ

これだけ広いデスクなら隣で子供の勉強を見ることもできるので、そういった使い方をするなら+5,000円して大きい方の天板を購入するのをおすすめします。

FlexiSpot SD1のレビューまとめ

FlexiSpot SD1のレビューまとめ

FlexiSpot SD1をレビューしました。

実際に使ってみて子供も快適に使え、大人である僕も普通に使うことができるデスクはとても使い勝手の良いデスクだなーと感じました。

子供から大人まで使えるデスクってなかなかないと思うんですよね。

飽きのこないシンプルなデザイン」「子供が成長しても使えるデスク」を探している方にはピッタリのデスクではないでしょうか。

学習デスクをお探しの方は、このFlexiSpot SD1をぜひチェックしてみてください。

子供から大人まで使える電動昇降スタンディングデスク「FlexiSpot SD1」をレビュー|長く使える学習デスクはこれで決まり

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる