FlexiSpot EB8Z レビュー|引き出し付きの電動昇降デスク

僕が使用している電動昇降デスクは「FlexiSpot」とうブランドのモノを使用しているのですが、今回新しいモデルが販売したということで、お試しできる機会を頂いたのでレビューしていこうと思います。

今回レビューするのは「EB8Z」と言った、木製の天板に引き出しがついたモデルとなります。

FlexiSpot EB8Zの特徴
  • 電動昇降スタンディングデスク
  • 木製天板
  • タッチパネル操作
  • 障害物検知機能付き
  • 引き出し&USBポート付き

竹天板がおしゃれ!

ということで、本記事ではFlexiSpot EB8Zの特徴や使い勝手などを徹底レビューしていきます。

メーカーより商品を提供いただき作成しています。

目次

FlexiSpot EB8Zの特徴

カラー展開ブラック|ホワイト
パネルタイプタッチパネル
機能メモリ・ロック・障害物検知
耐荷重50kg
天板サイズ幅120×奥行60×厚さ6センチ
昇降範囲72〜121センチ

FlexiSpot EB8Zは、電動昇降式の「昇降脚」と「木製天板」の組み合わせで販売されています。

昇降脚は今回ブラックを使用していますが、他にもホワイトのモデルもあり、そして天板も木製以外にも竹天板のモノやガラス天板のものもあるので、部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができるのも特徴的です。

広々快適な木製天板

付属している天板は、幅120×奥行60×厚さ6センチの天板を使用しています。

今回このデスクは子供用に設置したのですが、これだけ広いので子供と隣り合わせでも作業ができます。

全然狭くない

子供の宿題を見たりできるのが便利だよね!

PCも余裕で入る引き出し付き

FlexiSpot EB8Zは引き出し収納が付いています。

引き出しのサイズは幅66.6×奥行き31.5×厚み4センチで、MacBookも余裕で入るサイズです。

電動昇降デスクは引き出しがないタイプがほとんどなので、荷物が収納できないのがデメリットでもありました。

しかし、FlexiSpot EB8Zはしっかりとした引き出しも備わっているので収納に困ることもないでしょう。

タッチパネル式の操作パネルとUSBポート

FlexiSpot EB8Zを電動昇降させるには、デスク端に搭載されている操作パネルから動かします。

↑矢印↓矢印で上下を操作し、1〜4のボタンにはお好きな高さを設定できワンタッチで動かす事ができます。

好みの高さを設定しておくことで、

  • ワンプッシュで立ち&座り作業時の高さに合わせられる
  • 他の家族が使う時にも変更できる

そういったメリットがあります。

ディスプレイの数字は現在の高さが細かく表示されるので、自分に合った高さを確認しておくことができます。

また操作パネルにはUSBポートが付いており、デスク上でスマホなどの充電も簡単にできます。

デスク上に充電器などを設置しなくて済むのでスッキリさせられる!

FlexiSpot EB8Zを組み立て

FlexiSpot EB8Zは組み立て式のデスクです。

EG8の同梱品
  • デスク天板
  • 支柱
  • 操作パネル
  • 電源コード
  • ネジ類
  • 取り付け説明書

組み立て式ですが、工具を別途用意しなくても組み立てができます。

ネジにはアルファベットで分けられており、取り付け説明書にどこで何を使うかがとてもわかりやすく記載されています。

そのため、取り付け説明書を見ればこういった組み立てが不得意な方でも簡単に組み立てできます。ざっくり組立方法を紹介します。

STEP
デスク天板に支柱を設置

天板を裏返して支柱をネジ穴に合わせて設置します。

STEP
支柱に脚を取り付け

支柱に脚をねじ止めしていきます。

両方取り付けていきます。

STEP
配線の接続

付属している電源アダプタを接続します。

STEP
完成

FlexiSpot EB8Zのレビューまとめ

FlexiSpot EB8Zのメリット・デメリットをまとめました。

メリット
デメリット
  • 天板広々
  • メモリ機能が便利
  • 引き出し&USBポート付き
  • 重量があるので組み立てが大変

どちらにせよ電動昇降デスクは作業環境を快適にできるアイテムなので、自宅で長時間デスク作業をおこなう方にはぜひ導入をおすすめします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる