TP-Link Archer AX4800レビュー|Wi-Fi6・v6プラス対応のコスパ抜群の高速ルーター

TP-Link Archer AX4800レビュー|Wi-Fi6・V6プラス対応のコスパ抜群の高速ルーター

ネット環境が遅く困っている方は、契約しているプロバイダでIPv6 IPoE(v6プラス)の契約を行うことがおすすめです。

IPv6 IPoE(v6プラス)は通常の通信環境PPPoEと違い、時間帯によって通信速度が遅くなるなんてことはありません。

我が家もV6プラスを契約しているけど、そもそもそれに対応したルーターがあまりないんだよね…

そこで候補に上げたいのがTP-Linkの「Archer AX4800」です。

Archer AX4800の特徴
  • IPv6 IPoE(v6プラス)対応
  • Wi-Fi6対応
  • 最大通信速度が4324Mbps
  • 80台の接続が可能
  • 戸建て3階建て、マンション4LDKまで対応
  • OneMesh™対応中継器でメッシュWi-Fi化にも
  • 12,000円代で販売

IPv6 IPoE(v6プラス)、最近増えてきたWi-Fi6に対応。

そして広範囲に及ぶ通信範囲で安価で購入できるルーターとなります。

本記事では、このArcher AX4800をレビューしていきますので、ネット環境にお悩みの方はぜひ参考にしてください。

本記事はメーカーより商品を提供いただき作成しています。

目次

TP-Link Archer AX4800の外観デザイン

Archer AX4800の外観デザインなどを見ていきます。

Archer AX4800

ルーターは長方形型の箱型になっており、6本のアンテナが周りに搭載されています。

アンテナは向きや角度を調整することができるので、設置場所やお部屋の状況に合わせて使用できます。

Archer AX4800のアンテナ6本

サイズは縦14.5×横幅24.5センチ。(アンテナ部分除く)

重さは600gと見た目の割にはそこまで重くはありません。

Archer AX4800の重さ

ルーター自体は直接置いて設置でも良いですし、背面には壁掛け用の穴も開いているので壁にかけて使用することもできます。

Archer AX4800の背面

本体上部には各種ボタンやポートが搭載されています。

Archer AX4800のインターフェース

左から、

  • ルーターのLED点灯ON/OFF切り替えボタン
  • WPSボタン
  • Wi-FiON/OFF切り替えボタン
  • リセット(初期化)ボタン
  • LANポート×4
  • WAVポート
  • 電源ボタン
  • 電源アダプタポート

そして側面にはUSB3.0ポートも搭載されているので、外付けHDDなどを接続すれば簡易NASとしても活用することができます。

Archer AX4800のUSBポート

ルーター自体はLAN/WANポートがオレンジとブルーですが、それ以外はブラックでまとまり、部屋の目に見える場所に設置してもおかしくないスタイリッシュなデザインに仕上がっています。

TP-Link Archer AX4800をレビュー

Archer AX4800本体

Archer AX4800はどんなWi-Fiルーターなのかをレビューしていきます。

名称blank

Archer AX4800
Wi-Fi速度AX4800
5GHz:4324Mbps(802.11ax,HE160)
2.4GHz:574Mbps(802.11ax)
規格Wi-Fi6
IEEE 802.11ax/ac/n/a 5 GHz
IEEE 802.11ax/n/b/g 2.4 GHz
Wi-Fi範囲4LDK
プロセッサー1.5GHzトリプルコアCPU
プロトコルIPv4
IPv6
最大接続数80台
TP-Link公式サイト詳細を見る
スペック

Archer AX4800はデュアルバンドのWi-Fi6ルーターです。

5GHzでの最大通信速度は4324Mbpsとなり、速度性能も充分。また一般的なPPPoE方式の光回線ですと、時間帯によって通信速度が大幅に遅くなってしまいがちですが、このArcher AX4800はIPv6 IPoE(v6プラス)に対応しているため、プロバイダでIPv6 IPoE(v6プラス)の契約をしている方であればその恩恵も受けることが可能となっています。

接続・設定はスマホアプリから簡単にできる

Archer AX4800の設定に関しては、スマホ専用アプリ「TP-Link Tether」で簡単に行うことができます。

TP-Link Tether

TP-Link Tether

TP-LINK無料posted withアプリーチ

STEP
Archer AX4800を電源・モデムに接続

付属の電源アダプタとLANケーブルで電源とモデムに接続します。

STEP
アプリが自動でルーターを判別(手動でも可能)

Archer AX4800の電源を入れるとアプリが自動でルーターの型式を検出してくれます。

Archer AX4800をアプリが判別
自動で判別
TP-Link Tetherアプリ設定画面
自分で選択も可能
STEP
アカウント作成

アカウントをお持ちでない方はローカルアカウントの作成を行います。

TP-Link Tetherの設定画面
TP-Link Tetherの設定画面
STEP
接続タイプの選択

接続タイプの選択をします。ご自身の利用しているタイプがわからない時は、下の「自動検出」をタップしましょう。

僕はv6プラスの契約をしているのでv6プラスを選択します。

blank
V6プラスを選択
STEP
Wi-Fiの名前とパスワードを決めれば完了

お好きなネットワーク名とパスワードを決めます。そうすれば設定は完了です。

Wi-Fiの名前を設定
ネットワーク名を設定

アプリを手順通りに操作していけば簡単に接続することができるので、こういった設定などの操作が苦手な方も安心して使用することができます。

実際の通信速度

実際にArcher AX4800を使用しての通信速度を測定してみました。

速度計測の条件
  • 使用環境:2階建て戸建て5LDK
  • 光回線:So-net光
  • 契約状況:IPv6 IPoE(v6プラス)
  • 計測端末:iPhone 12 Pro

我が家は2階建ての戸建てです。間取りは5LDKとなっています。

Archer AX4800の推奨利用環境は

  • 戸建て3階建て
  • マンション4LDK

なので、充分我が家でも使えるはずです。

Archer AX4800は玄関付近の廊下に設置。

計測は3箇所で行いました。

計測箇所
  • ルーターから1番近いリビング
  • 2階の部屋
  • 2階の1番離れた部屋

2階の1番離れた部屋に関しては、ルーターによっては10Mbps出てれば良いぐらいでした。

Archer AX4800の結果は以下の通り。

blank
2階の部屋
blank
2階の1番離れた部屋
blank
1番近いリビング

結果は超改善!

驚いたのがどこの部屋でも大きな違いはなく安定した行き届いたネット環境になったということです。

100Mbps代ですと、超爆速!というわけではありませんが、我が家の環境下にとってこの速度はめちゃめちゃ優秀。

仮にもっと大きな家やオフィスなどで使用しWi-Fiが届かなかった場合でも、OneMesh™対応中継器を使えばメッシュWi-Fi環境を構築することができるので安心して使用することができます。

TP-Link Archer AX4800のレビューまとめ

Archer AX4800レビュー

TP-Link Archer AX4800は

  • Wi-Fi6対応
  • IPv6 IPoE(v6プラス)対応
  • 最大4324Mbpsの通信速度
  • 80台接続可能

これでいて12,000円台で購入することができるコスパ抜群のWi-Fiルーターです。

「通信速度が微妙…」「Wi-Fiが届かない…」など、ネット環境にお悩みの方はぜひ1度お試ししてみてはいかがでしょうか。

IPv6 IPoE(v6プラス)を契約中の方には特におすすめできるWi-Fiルーターになっています。

blank

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる