こちらが噂の問題作です。

超高層マンションの最上階から時間と金を持て余した男が世界を見下ろしながら己の生きざまを発信する。ではなく、ただのおっさんがこそこそと書いてるブログです。

アマゾンダッシュボタンよりも革命的なLINEダッシュをご存じか?

スポンサーリンク

f:id:suntecno:20170530003755j:plain

 

どうもサンテクノです。

 

2016年12月5日から日本でのサービスが始まったアマゾンの新サービス

Amazon Dash Button(アマゾンダッシュボタン)」は皆さんご存知でしょうか?

元々はアマゾンの本拠であるアメリカが2015年3月31日から始まったサービスで遅れて日本でもサービスを開始しました。

 

 

アマゾンダッシュボタンとは?

f:id:suntecno:20170529201902p:plain

その名の通りボタンです。

なんのボタンかと言うと日用品などのお気に入りの商品をダッシュボタンに登録し、そのボタンを押すだけで登録された商品が配達されてくるというとんでもない商品なのです。

価格は?

一つ500円。

購入したい商品ごとに一つ必要なのでいくつかの商品をと登録したい場合はその分必要となります。

しかし、商品を実際に注文する際に初回500円割引となる為、実質無料で手に入ることとなります。

イッツ、ワンダフォー!!

とんでもないサービスを始めたものです。

ラインナップは?

全42種類。

2017年5/29日現在、サービス開始から半年ほど経過しているがラインナップはサービス開始から増えてはいない様子。

ですが、すでにアメリカでは150種類以上のラインナップがあるので日本でもこれからどんどん増えていくはずです。

購入に必要なものは?

まず初期設定にスマホとアマゾンのアプリが必要です。

そしてWi-Fiの回線も必要となります。

アプリからボタンとWi-Fiの設定を行い、その後商品を選択しボタンのセットアップは完了です。

しかし、セットアップうんぬん以前にダッシュボタンを購入するにはアマゾンプライム会員限定ということが条件となります。

「ダッシュボタン買うのにわざわざ年会費払ってプライム会員になるのもなー」

ちょっと待って!プライム会員になるメリットはダッシュボタンを買うだけではないんですよ?むしろダッシュボタンよりもはるかにたくさんのメリットがあるんですよ!

 

え?なにそれ?知らんかった!教えてや!

 

っていう人は勝手にこちらを見てください。

とんでもなくクソわかりやすく説明されています。

 

「なんだよ、人任せかよ」って思った?

 

そうだよ、だって俺プライム会員じゃねーもん

 

本題はプライム会員ではない

本題はそこじゃないんですよ。

ラインナップはまだまだ少ないものの、ダッシュボタンはかなり便利ですよね。

・妊娠中や小さな赤ちゃんがいて買い物になかなか行けない人

・お年寄り

・めんどくさがり

・車などがなく、重たいものなどを買っても運べない人

・引きこもりニート(外でろ)

 

しかしそんな画期的なサービスがある中、プライム会員でもない僕はもっと革命的なサービスを使って商品を購入しているのです。

その名はLINEダッシュ

 

皆さんご存知でしょうか?

まだ世間にはあまり浸透してないサービスで、友人などに聞くと「すげえな」とよく言われます。

ではこの「LINEダッシュ」がそんなサービスなのかご説明しましょう。

価格は?

完全無料です。

お金は購入する商品のみでその他サービスには一切何もかかりません。

ラインナップは?

この世にある商品すべてです。

うまい棒から始まり日用品はもちろん、家電、洋服、下手すりゃ車だって買えます。

42種類のアマゾンダッシュボタンなんて鼻くそみたいなものですよ。

購入に必要なものは?

LINEのアプリのみです。

それ以外は何もいりません。

 

この革命的なサービスの使い方

f:id:suntecno:20170529202141p:plain

 

それでは実際に使っている様子を画像でご紹介しましょう。

※実際の画像ではなくこのブログの為に作った画像なのはご了承ください

 

LINEダッシュの通知は突然くる

LINEダッシュは自分のLINEアカウントに通知が来ます。

時間は無差別

そう、それは突然に…

f:id:suntecno:20170529202654p:plain

 

この画像は自分で送っているものですが、実際は僕の嫁から送られてきます。

 

もう大体言いたいことはわかりますよね。

 

そう、LINEダッシュとは嫁からの買い物のメッセージです。

これを送られてきた日には問答無用でダッシュで買って帰るのです。

暗黙の掟です。

なんだそれだけか。なんて思わないでください。これはLINEダッシュのサービス開始の初期段階です。

LINEダッシュのサービスに慣れると

この革命的なサービスになれてきた嫁は次第にこんな感じの通知になります。

f:id:suntecno:20170529203045p:plain

 

もう「お願い」という一言もなくなり商品名のみ

さらには変換さえしない始末です。ですがダッシュです。

ダッシュで買っていかなくては行けません。

LINEダッシュを使いこなすと

現在ではこのサービスをかなり使いこなしこんな感じになっています。

f:id:suntecno:20170529203315p:plain

もちろん「お願い」の一言もないし変換もないしなんかもう暗号です。

この訳が分からない暗号を解読し、ダッシュで買って帰らなければいけないのです。

翌日に届くアマゾンなんて遅すぎです。LINEダッシュは即日必須ですから!

 

以前「たまた」と通知が来て「たまごやな」とLINEダッシュで買って帰るとキレられたことがあります。

「たまご」ではなく「トマト」だったようです。

た行の変換がめんどくさかったようです。LINE再ダッシュでした。

会員になるにはオススメしません

僕が言えること。それは会員になるのはオススメしないということ。

要するに嫁選びには慎重に。

もう鬼嫁通り越してますよ。彼女の前世はきっと神かなんかだったのかな?

 

ただただこのサービスが終了することを願うばかりです。

でもそんな嫁が好きなのでいいんですけどね。

 

 

 

 

さ!プライム会員になろうかな!

 

では!