こちらが噂の問題作です。

超高層マンションの最上階から時間と金を持て余した男が世界を見下ろしながら己の生きざまを発信する。ではなく、ただのおっさんがこそこそと書いてるブログです。

失敗しない注文住宅を建てるために住宅メーカーの選び方は超重要

スポンサーリンク

注文住宅で家を建てるのだから、自分がイメージしている理想の家を建てたいのは当たり前ですよね。

 

その為には、住宅メーカー(施工会社)選びはとても重要です。

 

一生に一度の買い物と言ってもいいぐらい、住宅購入は高額です。だからこそ絶対に失敗したくない。

 

僕はマイホームを建てるにあたって最終的に住宅メーカー(施工会社)を決めるまでに何件も話を聞きに行きました。

 

その中で「ここに頼もう」と決めたきっかけとなったポイントを、これから注文住宅を検討している方に少しでも参考になればと思い、ご紹介したいと思います。

 

 注文住宅を建てるには「ハウスメーカー」と「工務店」どちらが良いのか?

f:id:suntecno:20180109154743j:plain

注文住宅をオーダーする際に、まず「ハウスメーカー」と「工務店」、どちらを選べばいいのか?ここで悩まれる方も多いのではないかと思います。実際に僕もそうでした。

 

まず最初に僕が思ったイメージは、ハウスメーカーは広告やモデルハウスをバンバン出している大手企業となるので、住宅展示場などに足を運べば実際にどんな家を建てているのかがわかるので、自分のイメージに合った会社を選びやすいなと思いました。

しかし、同時にモデルハウスなどの広告に膨大なコストをかけているので、建築費用がとても高くなるのではないかとも思いました。

実際にハウスメーカーのほとんどが、実際に家を施工するのは地元の工務店に丸投げするというケースが多い為、中間マージン(手数料)が発生します。

その為実際に工務店にお願いするよりもその分の費用は高くなるのです。

ただし、全国展開しているハウスメーカーの場合は家を建てる際の材料などを大量生産できるため、材料費などが安く仕入れることが出来るのです。

その分のコストカットが魅力とも言えます。地元密着型の工務店では中々そうは出来ませんからね。

 

一方工務店の場合は、材料費などはハウスメーカーよりもコストがかかってしまうとはいえ、ハウスメーカーよりもほとんどのケースで建築費が安く抑えられます。

それは自社で設計し、自社で施工するからです。

しかし、モデルハウスがないケースがほとんどなので、実際にどんな家を建てているのか見ることができない工務店もあります。

工務店によっては、過去に実際に建てた家などを見に行くことが出来る場合もあるので工務店にお願いする場合はそこも確認しておくといいでしょう。

 

一概にどちらのほうが絶対に良いとは言えません。

 

「建築費用が高いから安く建てられる工務店のほうがいい!」

 

「モデルハウスもないし、どんな家が建つか不安だからハウスメーカーでしょ!」

 

安いのに悪いことはもちろんありませんが、多少費用がかかってもその分あなたにとってより良い家が建つのであればハウスメーカーに頼むのがいいでしょう。

モデルハウスはないけれども、あなたが理想とする家はどんな家なのか親切に話を聞いて、そして実際に丁寧に素敵な家を建ててくれるのであれば工務店に頼むのがいいでしょう。

 

あなたの理想の家が予算内で建つのであれば、ハウスメーカーでも工務店でもそんなのはどちらでもいいのです。

 

僕が注文住宅を建てる際に話を聞いた施工会社

結論から言うと、僕が注文住宅をオーダーしたのは「工務店」でした。

 

まず僕が実際に話を聞いた住宅メーカーは全部で4社

ハウスメーカーが2社

工務店が2社

という内訳です。(この4社はガッツリと話を聞いた4社です。少し話を聞いたりしたのは10社以上)

 

僕の場合は、まず「注文住宅を建てたい!」と思い、雑誌を見たり間取りプランや施工事例などの資料請求を行いました。

 

 その中から「こんな家がいい!」と思ったのがこの4社です。

施工事例などだけを見た段階で建てたい順位をつけると

1位ハウスメーカーA

2位工務店A

3位ハウスメーカーB

4位工務店B

 

でも話を聞いて実際にオーダーしたのは4位の「工務店B」だったのです。

 

それはなぜなのか?

 

僕が注文住宅をオーダーした決め手

対応力

なぜ僕が4位の「工務店B」にお願いしたかと言うと、1番の決め手は「対応力」です。

 

工務店AとハウスメーカーAは僕が注文住宅を建てる際にどうしてもやりたかったことを伝えると「無理です」と全否定されました。

「設計上難しい」「取り扱いメーカー」で対応できないなど何の打開策も考えてくれませんでした。

その点この工務店BとハウスメーカーBは「大丈夫です」と言ってくれ僕の希望を通せるように色々と提案してくれました。

 

注文住宅の最大の魅力は自分の理想の家を建てられることだと僕は思っています。

 

僕は全くの素人なので、設計がどうとか言われても分かりません。ですが僕は雑誌や資料などを参考に希望を伝えているので決して出来ないことではないはずなのです。

仮に無理だとしてもその要望に少しでも近づけるよう打開策の提案などをしてほしかったです。

 

設計士と直接打ち合わせができる

注文住宅はとにかく何度も何度も打ち合わせをします。

僕も何度も何度も間取りのプランを変更してもらいました。その為、実際に工事が始めるまで膨大な時間がかかります。

そのうえで、設計士と直接打ち合わせできるのはとても重要なポイントだと思いました。

この工務店B以外の住宅メーカーはまず営業と打ち合わせをし、後日設計士が設計した間取りのプランを見て話を進めていく流れだったのです。

「こういう風にしたい」と伝えると、それができる出来ないも後日にならないとわからない、「それならこんな風にしたほうがいいのではないですか?」という提案も後日

 

もうまったく話が進みませんでした。

その点工務店Bの場合は営業と設計士、両方と同時に打ち合わせが出来たので間取りの変更やその金額などもすぐにわかり、とてもスムーズに打ち合わせすることができたのです。

打ち合わせをする際には、設計士と一緒に打ち合わせできるかは必ず確認しておいたほうがいいでしょう。

 

標準装備とオプション装備が明確か

 あなたが希望としている施工会社の標準装備はきちんと把握しておきましょう。

大事なお金の部分ですから。

どこまでが標準で、どこからがオプションか。そしてオプション金額がいくらなのか。

 

ここを把握していないと、いざ希望をどんどん伝えて間取りを変更していくと膨大な金額になります。

ほとんどのケースで当初の見積もりから上がるとは思いますが、さんざん打ち合わせをした挙句膨大に金額が跳ね上がり予算オーバーだとその時間が本当に無駄になります。

 

ガッツリ打ち合わせをする前にある程度の標準装備とオプション装備の金額は把握しておくのが大事なポイントです。

 

売り込んでこない

住宅メーカーも契約をとってなんぼです。気持ちはわかります。

ただ異様にガツガツしてくるところがありました。

 

しかもまだ全ての希望を伝えて金額なども出てもいないのに。ありえません。

「とりあえず契約」感が半端じゃありませんでした。

 

あまりにもしつこいので僕はキレましたが、そんな会社が僕の為に最大限良い家を建ててくれるとは到底思いませんし、一生に一度の高額な買い物を任せようとは思えませんでした。

 

こちらから「契約したい」と思わせてくれような丁寧な対応の住宅メーカーを選びましょうね。

 

住宅メーカーの選び方まとめ

f:id:suntecno:20180105011326j:plain

何度も言うように住宅購入は一生に一度と言っていいほど高額な買い物です。

家が建ってから欠陥住宅でしたじゃ笑えません。

 

住宅メーカー選びはとても重要なことなので、注文住宅を検討している方は慎重に選ぶようにしましょう。

建売住宅と違い、注文住宅は家が完成するまでかなりの時間がかかります。

その間その住宅メーカーの営業や設計士はいわばパートナーですから。

その住宅メーカーの施工技術や費用などもとても大事なことですが、まずは「任せたい」と思えるようなフィーリングの合った信頼できる住宅メーカーを探しましょう。

 

あなたが理想の注文住宅を建てられるよう陰ながら応援しております。

 

以上、「失敗しない注文住宅を建てるために住宅メーカーの選び方は超重要」の記事でした。