こちらが噂の問題作です。

超高層マンションの最上階から時間と金を持て余した男が世界を見下ろしながら己の生きざまを発信する。ではなく、ただのおっさんがこそこそと書いてるブログです。

これまでに職場で出会った変な従業員を紹介します

スポンサーリンク

僕は社会人になってから、かれこれ10年以上経過しています。

 

仕事をしていく上で上司や部下、同僚や取引先など様々な人と接する場面がありますよね。

 

僕が勤めている会社は、売り上げもよくそこそこ忙しい。っつうか猫の手でも借りたい。って感じです。

 

仕方ないので外注バンバン使って回していますが、それでも追っつかない。

日々社員やアルバイトを募集しているので、よく新しい従業員が入社してきたりするんですよ。

 

なので本当いろんな人と接する機会が多い訳です。

ほとんどの人は常識ある普通の人が多いのはもちろんなんですが、中には「ん?あれ?」って言うちょっと変わったと言うかおかしな人と言うか「やべえな」って人も出てきます。

 

今回は社会人経験10年以上の僕が出会った変わった人たちのご紹介です。

 

うちの会社にもそんな奴いるわー

 

俺もそんな奴かも

 

とか自分の身に置き換えてみて頂ければと思います。

 

 

 本当に会った変な従業員1人目

f:id:suntecno:20171105030539j:plain

19歳の男の子がアルバイトとして入社してきました。名前はヨシナガくん(仮名)

 

見た目は白くて痩せ型でなんつーかチャラさがにじみ出ています。

そんな彼に僕が仕事を教えることとなりました。

初めて出会ったときのことは今でも忘れません。

 

ヨシナガ「コンチース」

 

(は?) 

テンション高めで言われた僕は耳を疑いました。コンチース?

 

(なんだそれは)

まだまだ僕は10代の子とも話も合うしコミュニケーションもとれると自負していたのですが、第一声で覆されました。

 

(なんだこいつ、まさかこんにちはってことじゃねえよな)

 

彼とは昔からの友人でも、長年仕事を共にしている先輩後輩という関係でもありません。

 

今 初めて会ったアルバイトです。

初っ端から度肝抜かれましたが、僕も「ちゃっす」と返しておきました。

 

「ははっは、うけるw」

 

ヨシナガくんは笑ってました。

 

よかった、うまくコミュニケーションがとれそうだー!

ってお前が笑ってんじゃねえよ

 

そんなヨシナガくんでしたが、もっと驚いたのがお昼ご飯を食べるときでした。

事務所で一緒にお昼を食べようとすると、すごいでかいお弁当箱を取り出す彼。お母さんの手作り弁当です。いい母ちゃんやなあ

そんなでかい弁当をペロッと完食するヨシナガくん

細身だけどさすがわかいだけあるな。

なーんてボケーっとヨシナガくんを見ていると、更にバックからコンビニの弁当を取り出したのです。

 

(まだ食うのか)

 

その弁当もペロッと完食。すると彼は再びバックを漁っています。

 

(え?まさか)

まさかとなんだかドキドキしていた僕でしたが彼はお茶を取り出し一気飲みしてました。

 

(だよね、んな訳ないよねさすがに)

 

 

そしてお茶を飲み終えた彼は再びバックから弁当を取り出して食い始めました。

 

「ぶーーはっ!?」

僕は思わず飲んでたコーヒーを吹き出しました。

なんと彼は細身のくせに弁当を3つも食べた挙句、プリンも食べてました。

 

若いって素晴らしいというか普通にドン引きしましたし、何よりもすごいのは弁当を3つも食べたことではなく昼休みがとっくに過ぎてるのにデザートのプリンまで平らげる彼のメンタルでした。

 

アルバイトの初日の第一声からふざけた感じの挙句、昼休みはとっくに過ぎてるのに呑気に弁当3つとデザートまで残さず美味しく頂いた彼は、後日外回りの途中で寄ったガソリンスタンドでナンパまでしでかしました。

あまりにもふざけた態度の彼に、枯れた花にも水をあげるぐらい(あげたことないけど)優しい僕も、ついに我慢の限界です。

 

 

 

 

 
 
僕も一緒にナンパしました。僕とヨシナガに友情が芽生えた瞬間でした。

本当に会った変な従業員2人目 

f:id:suntecno:20171105030559j:plain

僕よりも一回り以上上のおっさんが入社してきました。

社員募集もしているのになぜかアルバイト枠で。

 

なかなかの突っ込みどころが多い人でした。

その人には癖が2つあったんですよ。

 

1つが語尾に「ッス」をつけること

 

もう1つがやたら見てくること

 

 

これは彼が入社2日目

ものすごいあくびを何度もしていてとてつもなく眠そうだったんです。

 

「寝不足ですか?」

 

彼が寝不足だろうが、昨夜何をしていただろうが僕には1ミリも興味がありませんでしたが、コミュニケーションの一環として聞いてみたんです。

 

そうするとなぜかものすげえ食い気味で

「そうなんッス!入社祝いで昨日、あ!今日か?ん?昨日?まあ、いいッス!朝の4時までカラオケで熱唱してたんよ~ねみーッス、超ねみーッス」

 

(このおっさん、ッスッスッスッスうるせえな…)

 

僕「そうなんですか…元気ですね。友達とか彼女とかですか?」

 

ッス「いやいや、1人ッス」

 

(お、おう…)

 

また別のある日、事務所でお昼ご飯を食べているとなんだか視線を感じました。

 

ふとッスを見ると、ものすごい僕を見るんですよ。

 

ちらっと見てるとかじゃなく、もうガン見レベルです。

 

(なんだこいつ…めっちゃ見とるやん)

 

それから僕は何度も視線を感じるようになりました。

 

仕事中

 

(また見てるやん)

 

帰り際

 

(むっちゃガン見やん)

 

また別の昼休み

 

(なんか俺に恨みでもあんのかよ)

 

僕だけかと思いましたが、他の従業員もよく視線を感じるとのことでした。

 

あまりにも見てくるので、僕はなんだかイラっとしてある日やり返してやろうと心に決めました。

 

ある昼休み

 

僕は飯を食っているッスを必要以上に見続けました。もうこれでもかってぐらい。

 

ッスは僕の熱い視線。というかもうガン見に気づきました。

 

(俺の気持ちをわかりやがれこの野郎)

 

 

 

ッス「ん?なんッスか?」

 

(お、おう…)

本当に出会った変な従業員3人目

f:id:suntecno:20171105030616j:plain

その子は20代の男の子だったんですが、車のハンドルを握ると調子にのる子でした。しかも下手くそ。

 

ある日車で外回りから会社に帰って来ました。

 

バックで駐車をしている彼に「後ろに車止まってるから気をつけてな」と教えてあげると

 

「大丈夫ですよ~バックカメラもついてるし!余裕です余裕です~」

 

 

 

って言いながら後ろの車に突っ込んでました。

 

また別の日

 

外回りに行く彼に同行しました。

 

会社の駐車場の目の前には道路があり、目的地に行くには右折をします。

道路の向こう側は壁です。

 

僕は彼が運転が下手なくせに調子に乗りやすいのを知っていたので

 

「ゆっくりでいいからな。右から1台来るからそれ行ったら行けるよ、右だからね」

と左右から車が来ないか確認して教えてあげました。

 

「わかってますって~。じゃあ、行きますよー」

 

 

 

 

 

って言いながら道路の向こう側の壁に突っ込んでました。車の修理代は20万でした。

 

本当に出会った変な従業員4人目

f:id:suntecno:20171105030749j:plain

 この子はもう天然というかなんというか。

 

名前はサイトウくん(仮名)

 

なんというか会社の電話を出るときって普通会社名を名乗るじゃないですか。

 

例えば

「お電話ありがとうございます、〇〇商事のサイトウです」

みたいな。

 

でも彼 普通に出るんですよ。

 

「はい、サイトゥーです」って。

 

しかも「サイトウです」じゃなくて「サイトゥーです」ってなんか語尾伸ばすの。

 

なんどよサイトゥーですって

 

あまりにも自分の携帯かのように普通に出るので、お客さんが間違えて電話をしてしまったと思ってしまうことが何度かあったぐらいです。

 

さすがに僕は注意しました。

 

言えばわかる子なんです。次からはきちんと電話対応してくれました。

 

 

数日後

 

会社の電話が鳴りました。サイトウくんがとりました。

 

 

 

 

 

「はい、サイトゥーでーす」

本当に会った変な従業員たち

f:id:suntecno:20171105030634j:plain

4人のこれまで僕が出会った従業員たちを紹介してきました。

ふざけた感じに書きましたが、これ少しも嘘なく全部本当の話なんですよ。

 

すごくないですか?

今だからこそ思い出しながら笑って書けますが、相当大変でした。

 

僕が勤めている会社は、猫の手でも借りたいってぐらい人手が足りないので、基本的には来るものは拒みません。まあ、よっぽどのは断りますが。

 

特に若い子っていうのはなんでもすぐ吸収してくれるので成長に期待し、ばんばんとります。

 

でも この4人に共通するのが、仕事が長続きせず、すぐに辞めてしまうということ。

 

これを見ている皆さんの周りにも、こういうちょっとというかだいぶ変わった人がいるでしょうか?

僕の周りにはちょっと多すぎるなと感じます(笑)

 

この4人が今どこで何をしているかはわかりませんが、元気に仕事してくれればいいなと思います。

 

もし今後も変わった従業員に出会ったら追記していくかもしれません(笑)

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。 

 

 

ではまた!