こちらが噂の問題作です。

超高層マンションの最上階から時間と金を持て余した男が世界を見下ろしながら己の生きざまを発信する。ではなく、ただのおっさんがこそこそと書いてるブログです。

修二と彰とボク、運命の人です。

スポンサーリンク

f:id:suntecno:20170416005738p:plain

 

やっほー!みんな!性春アミーゴしてる?

 

僕だよ!

 

誰だよって?

 

 

お前が誰だよ ごめんよ

 

サンテクノです。

 

 

さあーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ブログでも書くかああああああああああああああああああああああ

 

ってパソコン電源入れたんだけど、「ボク、運命のひとです。」ってドラマやっててさー思わず見入っちゃったよね!

 

木村文乃可愛ええ。

 

僕からお願いがあります。

膝枕して耳かきしてください。

 

無料でとは言いません!293円でお願いします!

 

今、財布に入っているお金全部あげます!

 

あ‘‘ぁ‘‘!!1円落ちてた!294円でどーだ!

 

ところで耳かきって耳をかく部分の反対側がふ↑わふ↑わしてる物が付いているやつありますよね。僕それ好きなんですよー。

 

耳かいたあとにそのふ↑わふ↑わしてる部分をそーと耳に入れると思わず「ああ」って声でませんか?出ますよね?

 

え?出るよね?

 

出るだろ?

 

出ろよ!

 

う、嘘?僕だけですか?

 

じゃ、じゃあ、これはどうですか?

 

あまりにも耳かきが好きすぎて毎日毎日耳かきしてたら耳の中が傷ついて激痛で病院に行った人いますよね?

 

4回!

 

4回目で医者に「また君かい?君は綿棒を使いなさい」と怒られたのは僕だけですか?

 

 

話がふ↑わふ↑わにそれましたが、亀梨和也山下智久が12年ぶりにドラマ共演ですよ。

 

懐かしい。知ってますか?

 

亀梨和也山下智久が12年前にドラマ共演でタッグを組んで出来た「修二と彰

 

青春アミーゴというCDを出し200万枚以上売り上げた一世を風靡したコンビです。

 

そんな「修二と彰」が流行った12年前のある日

 

性春でアミーゴしていた18歳の僕は夜の街に2人の友人と練り歩いてました。

 

2人の友人はとてもイケメンです。

 

それよりも僕はもっとイケメンでした。てへ。嘘です。

 

夜の街を練り歩いていた僕たちは夜のお兄さんに声をかけられたのです。

 

「っっっかがっっっすかーー!」

(いかがですか)

 

「タイッッッかがっすっっかーー!」

(ワンタイムいかがですか)

 

そうです、キャバクラのキャッチに捕まったのです。

 

f:id:suntecno:20170416014055j:plain

 

壁ドンならぬ行く手を阻むキャバドンです。

 

(しつけーーー!でも行きてーーーーーーーー!)

 

心の中でそう思ってたつもりが声を大にして言ってました。

 

しかし僕らはお金がありません。

 

ですが、綺麗な女の子とおしゃべりしたいのです。

 

キャバドンもしつこいです。

 

さて 問題です。

 

お金がないけどキャバ嬢と喋りたい。どうしたらいいでしょうか?

 

正解は

 

 

「ふ↑わふ↑わ」です。

 

どうしても中に入りたい僕はキャバドンに提案を出しました。

 

「お客を僕が捕まえたら 中でキャバ嬢とアミーゴさせてくれ」

 

 

少し考えていたキャバドンでしたが、その提案を飲んでくれたのです。

 

 

しゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

 

マシュー人生初のキャバドンです。

 

燃えています。

 

僕のハートはもうアミーゴアミーゴしていたのです。

 

お!前方から二人のサラリーマンが!

 

っっっかがっっっすかーー!」

(いかがですか)

 

「タイッッッかがっすっっかーー!」

(ワンタイムいかがですか)

 

しかし、なかなか捕まらない。

 

マズイ、マズイぞ。

 

これではアミーゴ出来ないではないか。

 

焦る僕。

 

笑うイケメン達

 

声を枯らし叫び続けるキャバドン

 

そして前から歩いてくる明らかにベロベロなスケベそうなおっちゃん

 

「こ、こいつや!!」

 

僕はダッシュしました。

 

「すいません!一時間6000円で夢と希望とおっぱいはっっっかがっっっすかーー!」

(触れねえけど)

 

するとスケベな(知らんけど)のおっちゃんはべろべろに酔っぱらいながら僕の後ろの2人のイケメンを見ながら言いました。

 

「おお!お前らあれだな!修二と彰だ!」

 

さすがイケメンだ。

 

修二と彰と…」  

 

と…?そして僕の顔を見ながら

 

「ひとしだ!」

 

ヒトシ?

 

だれそれ?

 

この夜の街に結成された

 

修二と彰とヒトシ」

 

デビューシングルは「キャバドンっっっかがっっっすかーー!」

 

後にこの曲は300万枚の売り上げをし、華々しいデビューを飾った

修二と彰とヒトシ」

 

ヒトシはその後のインタビューで答えたのだ。

 

「きっかけ?いやーなんかキャバドンしてたらスケベそうなおっちゃんにスカウトされて!ただのスケベなおっちゃんだと思ってたらびっくりですよ!ただのスケベなおっちゃんなんですもん!」

 

そんな僕にヒトシの命名をしたおっちゃんは見事に店の中へと入っていったのです。

 

なぜヒトシと名付けたのかは12年たった今でも謎のまま。

 

なぜヒトシなのか?

 

なぜタケシではなかったのか?

 

そしてあんたは本当にスケベだったのか?

 

全ては闇の中。

 

やあ、ヒトシです。お元気ですか?

 

もしあなたがこの「ボク、運命の人です。」を見てヒトシを思い出してくれば嬉しい限りです。

 

ヒトシは今日も元気です。